Marilyn Manson
新商品あり チケット受付中

Marilyn Manson (マリリン マンソン) レビュー一覧

Marilyn Manson | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

935件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • ’15年発表。以前から中年太りを指摘されていたマリリン・マン...

    投稿日:2015/02/09

    ’15年発表。以前から中年太りを指摘されていたマリリン・マンソン。確かに全盛期に比べるとちょっと太った(首回りとか)。現在40代半ばなので、多少のダブつきは仕方ないと思う。しかし超越したキャラクターを演じ続けるのは大変だなと思わずにはいられない。新作MVで見るマンソンは、どこか現在の鳥肌実風でもある(彼もちょっと太った)。今回はBが突如、アルバムに先立って無料配信されて話題を呼んだが、実際にシングルとして切られたのはAの方だ(マンソンがチューブから顔を出して美女を襲う触手系のMVがレトロで面白い)。マンソンにとって一番の問題は、自己模倣というか、無自覚なセルフ・パロディ化にあると思う。そこはギリギリで回避している。だが、現実を叩き潰さんとする往時のインパクトを思うとちょっと微妙。多少なりとも歌詞が理解できた方が絶対いい音楽だ。

    madman さん |40代

    2
  • ’09年発表。エログロ&デストロイ&バイオレンス!インダストリアル、ゴス、グ...

    投稿日:2014/08/23

    ’09年発表。エログロ&デストロイ&バイオレンス!インダストリアル、ゴス、グラムとこれまでの集大成的サウンドで攻める本作、特筆すべきは死と絶望と孤独と愛を私たちの目の前に劇的かつ容赦なく突きつけるアンチ・クライストでジギー・スターダストなマリマンが帰ってきたこと!

    madman さん |40代

    1
  • ’07年発表。キリスト教への反逆的な発言などで物議を醸し...

    投稿日:2014/08/22

    ’07年発表。キリスト教への反逆的な発言などで物議を醸してきたトリック・スターによる4ぶりの本作。ラウドなギター・サウンドをバックに、シアトリカルともいうべきエキセントリックな表情に満ちたヘビーなボーカルを聴かせている。コンテポラリーなプロダクションが、スリリングな切れ味を見せる力作だ。

    madman さん |40代

    2
  • ’03年発表。マリリン・マンソンの通算6枚目のアルバムだ。自伝的内...

    投稿日:2014/08/21

    ’03年発表。マリリン・マンソンの通算6枚目のアルバムだ。自伝的内容で構成された3部作を経て約2年半ぶりに発表された本作は、無機質なイントロ@に続くAのThis Is the new shit!(これが俺のあらたなほざきだ!)の雄叫びで強烈に幕を明ける。リード・ボーカル、女性コーラス、ヘビー・ギターの3者が執拗にからみつくポップでエロチックなB、ビッグ・バンド調のビートの上を踊りまくるマンソンが頭に浮かぶダンサンブル(!)なC、退廃的なムードに彩られたタイトル曲E、女性の声とわけのわからないギター・ソロだけが耳に残るJ。確かにこれまでとは違う新しいマンソンがいる。既発アルバムよりも細かいサウンド・プロダクトにこだわっているのも見逃せないが、いちばんの変化はその歌い方(聴かせ方)だ。録音過程は不明だが、マンソンの声にサウンドを重ねているのではなく、多彩な楽曲にマンソンがボーカルを合わせているかのようだ。本作と同タイトル(グロテスク黄金時代の意)の水彩画展が02年秋ハリウッドで開催されていたが、そこに飾られた絵には一つひとつに違う“顔”があったそうだ。そのなかにはあのコロンバイン高校で銃を乱射し13名を射殺し自らの命を絶ったマンソン崇拝者のふたりの少年に関係する作品も含まれていた。自らセンセーショナルな話題を振りまきながら、ときにマスコミの格好の餌食になりながらも表現者としての自覚を決して失わなかったマリリン・マンソン。アンチクライスト・スーパースターは、本作でゴス・ロック云々の十字架も破棄したようだ。

    madman さん |40代

    1
  • ’00年発表。世界中のはみだしっこが待っていたマリリンち...

    投稿日:2014/08/17

    ’00年発表。世界中のはみだしっこが待っていたマリリンちゃん2年ぶりの本作は『アンチクライスト・スーパースター』『メカニカル・アニマルズ』に続く3部作の完結編。跡を絶たない世間のバッシングとガチンコ勝負していく覚悟を決めた男の気合いみなぎるダーク&ヘビーなサウンドは、『アンチクライスト・スーパースター』以前を彷彿させつつマス受けするポップ・ミュージックとして機能するよう作られているところがキモ。世紀末のお供だった作品。

    madman さん |40代

    1
  • ’98年発表。アンチ・クライスト・スーパースターに変わるますます人間...

    投稿日:2014/08/16

    ’98年発表。アンチ・クライスト・スーパースターに変わるますます人間離れした新キャラ、メカニカル・アニマル(ボウイのジギー、スターダストと勝負させてぇ〜)を引っ提げての5作目。前作のノイジーさが激減し、アコギの導入やコーラスの多用、歌を前面に押し出したシンプルかつダイナミックなアプローチなどサウンド面でも新たな変化あり。さあ、マリリンちゃんと一緒に絶望渦巻くファンタジー・ワールドへトリップしよう。

    madman さん |40代

    1
  • ’96年発表。前作『スメルズ・ライク・チルドレン』で全米ブレイクを果...

    投稿日:2014/08/14

    ’96年発表。前作『スメルズ・ライク・チルドレン』で全米ブレイクを果たした彼らの本作。ホラー・ムード漂うヘヴィなサウンドがいっそう冴えを見せていて、全米チャートでは初登場3位とのこと。前作よりもサウンド的に激しいかも。でも、雰囲気づくりやメリハリの効かせ方などがうまく、のしかかってくるヘヴィさなのだが、何か引かれてしまうというような……。この脳にくる刺激は、けっこうクセになるものなのかもしれない。

    madman さん |40代

    1
  • ’95年発表。ナイン・インチ・ネイルズのT・レズナーが設立したレーベルに...

    投稿日:2014/08/12

    ’95年発表。ナイン・インチ・ネイルズのT・レズナーが設立したレーベルに所属する彼らの2作目(トレントが共同プロデュース)。おどろおどろしいルックスのシアトリカルな5人組で、本作もオープニングから暗いムードが漂い、SE的なトラックもあり、ホラー映画のサントラのよう。ユーズミックスのカバーEが“甘く”なく、どんよりと“悪夢”のようだし、スクリーミング・ジェイ・ホーキンスのカバーHにも不気味さがある。

    madman さん |40代

    1
  • ダークなんだけど、どこかポップでキャッチー!!とて...

    投稿日:2013/02/03

    ダークなんだけど、どこかポップでキャッチー!!とても楽しくて聞きやすいアルバムだと思いました。ノリノリでノリノリでいつの間にかダークなんだけど、コレがまた楽しいんですよ。何回聞いても何故か飽きがこない!

    ひ〜ちゃん さん |30代

    0
  • 聴けるアルバム。 確かに良く出来たアルバムだ。

    投稿日:2012/07/01

    聴けるアルバム。 確かに良く出来たアルバムだ。

    kei さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%