Mariah Carey
新商品あり

Mariah Carey (マライア・キャリー) プロフィール

Mariah Carey | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

Mariah Carey

1970年3月27日、ニューヨーク郊外のロングアイランドで生まれる。母は元オペラ歌手で、レーナー・アンド・ロウの人気ミュージカル、“ペイント・ユア・ワゴン”中の、“ゼイ・コール・ザ・ウィンド・マライア”からその名マライアがつけられた。
 4歳から歌い始めるようになり、オールドフィールド・ミドル・スクールに通う頃には既に自作の曲を書き上げていたマライアは、高校を卒業した翌日、単身ニューヨークに旅立つ。 ニューヨークでの生活は決して楽ではなく、ウェイトレスをしながらデモ・テープ作りに励む日々を送っていた。そんなある日マライアはブレンダ・K.スターと出会った。ブレンダはマライアの才能を見出し、バック・コーラスとして彼女を採用。このブレンダとの出会いが彼女に転機をもたらすことになった。 とあるパーティーで、ブレンダがマライアのデモ・テープをコロンビア・レコードの社長、トミー・モトーラに渡したのだ。パーティー会場を後にしたモトーラは、車中でこのデモ・テープを聴いた途端、運転手に今すぐパーティー会場に戻るように指示したという。この若いシンガーに会うために。その直後、マライアのコロンビア・レコードとの契約が成立した。1988年。当時マライアは18才。ミュージック・シーンの新たな歴史が刻まれた瞬間である。

1990 デビュー曲「ビジョン・オブ・ラヴ」が8/4付から4週連続全米NO.1獲得。セカンド・シングル「ラヴ・テイクス・タイム」も11/10付から3週連続NO.1。デビュー・アルバム『マライア』をリリース、全米最高1位を獲得。

1991 2月、第33回グラミー賞でベスト・ニュー・アーティストとベスト・ポップ・ヴォーカル、フィメールを受賞。3rdシングル「サムデイ」が3/9付で1位(2週連続)、4thシングル「アイ・ドント・ウォナ・クライ」が1991/5/25付で1位(2週連続)となり、デビュー・アルバム『マライア』から4曲の全米NO.1ヒットが生まれた。 10月にリリースした2ndアルバム『エモーションズ』も大ヒット。このアルバムからの1stシングル「エモーションズ」は10/12付全米チャートでNO.1(3週連続)を獲得し、デビュー以来リリースしたシングル5曲が連続でNO.1となる。続くシングル「キャント・レット・ゴー」は2位、「メイク・イット・ハップン」は最高5位を記録している。

1992 MTVアンプラグド・ライヴ『ヴィジョン・オブ・ライヴ』をリリース。ジャクソン5のカヴァー「アイル・ビー・ゼア」が6/20付全米チャートでNO.1(2週連続)。

1993 3rdアルバム『ミュージック・ボックス』(通算4作目)をリリース。1stシングル「ドリームラヴァー」が9/11付全米チャートでNO.1(8週連続)。 10月にプロモーションで初来日を果たしている。 12/25付全米チャートで2ndシングル「ヒーロー」がNO.1(4週連続)獲得。

1994 『メリー・クリスマス』リリース。シングル「恋人達のクリスマス」がTVドラマ「29歳のクリスマス」の主題歌として使用された日本で、空前のヒット・シングルとなった。

1995 10月に4thアルバム『デイドリーム』リリース。先行シングル「ファンタジー」が9/30付全米チャートで初登場NO.1(8週連続)を獲得。続くシングル「ワン・スウィート・デイ」(ボーイズUメンとのデュエット)も12/2付全米チャートで初登場NO.1(16週連続)。シングル2曲連続の全米チャート初登場1位は史上初の快挙。

1996 3月に初来日公演が実現。東京ドームで3回公演を行った。アルバム『デイドリーム』からの3rdシングル「オールウェイズ・ビー・マイ・ベイビー」は5/4付全米チャートでNO.1(2週連続)を獲得。

1997 9月に5thアルバム『バタフライ』リリース。アルバムからのシングル「ハニー」が9/13付全米チャートでNO.1(3週連続)を獲得。

1998 1月に2度目の来日公演が実現。 アルバム『バタフライ』からの2ndシングル「マイ・オール」が5/23付全米チャートでNO.1を獲得。マライアにとって13枚目の全米NO.1シングルとなり、女性アーティストの全米NO.1を獲得した枚数で歴代1位に躍り出た。11月にグレイテスト・ヒッツ『The Ones』をリリース。1stシングル「ホエン・ユー・ビリーヴ」(映画「プリンス・オブ・エジプト」主題歌)では、ホイットニー・ヒューストンとのデュエットという夢の企画が実現した(プロデュースはベイビーフェイス) 。

1999 10月に6thアルバム『RAINBOW』リリース。アルバムからのシングル「ハートブレイカー」(feat. Jay-Z)は10/9付全米チャートでNO.1(2週連続)を獲得し、通算14枚目の全米NO.1シングルとなった。この時点でマライアは全米NO.1獲得アーティストの歴代3位に名を連ねた。(1位はビートルズの20曲、2位はエルビス・プレスリーの18曲)。 『RAINBOW』のプロモーションのため、4度目の来日を果たしている。

2000 アルバム『RAINBOW』からの2ndシングル「サンク・ゴッド・アイ・ファウンド・ユー」(feat. Joe & 98 Degrees)が2/19付全米チャートで通算15曲目の全米NO.1となる。3月に3度目の来日公演が実現。

2001 ヴァージン・レコードと契約し、初の主演映画でもある同名作品のサウンド・トラック・アルバム『グリッター』をリリース。

2002 5月アイランド・デフ・ジャムと契約を。 11月20日に移籍第1弾アルバム『チャームブレスレット』(通算7作目のオリジナル・アルバム)をリリース、 プロモーションのため6度目の来日を果たしている。

2003 4度目の来日公演を果たす。

2004 「爽健美茶」CM楽曲にマライアが歌う「朧月夜(おぼろづきよ)」(「MISTY MOON」)が使われる。

2005 3月30日にアルバム『MIMI』(原題: THE EMANCIPATION OF MIMI )(通算8作目のオリジナル・アルバム)をリリース。2度の来日プロモーションを実施。12月8日第48回グラミー賞のノミネーションが発表となり、主要3部門を含む最多の8部門の受賞候補者となる。

2006 5度目の来日公演を果たす。

2007 DVD『アドベンチャーズ・オブ MIMI』 を11月に発売。

*ユニバーサル・ミュージック オフィシャルサイトより

%%message%%