CD

Ozell Tapes From World Tour

Marcus Miller (マーカス・ミラー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
VICJ61011
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ディーン・ブラウン(g)パッチェス・スチュアート(tp)ロジャー・バイアン(sax)リロイ・テイラー(kb)プージー・ベル(ds)レイラ・ハザウェイ(vo)を従えた、2002年2〜3月のワールド・ツアー(北米、日本、南米)の40公演の演奏の中から厳選されたベスト・テイクを収録した、マ−カス・ミラー待望のライヴ・アルバム。

 レイラ・ハザウェイをフィーチャーした“やさしく歌って”は聴きモノ。

内容詳細

天才ベーシストに初のグラミー賞をもたらした『M2』のワールド・ツアーを収録した屈指のライヴ。スタジオ録音とは異なる立体感、ミュージシャンの息遣いを映し出すエキサイティングなパフォーマンスは、のりにのっているバンドの充実ぶりを伝えている。★(Y)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Intro - Big Doug Epting
  • 02. Power
  • 03. So What
  • 04. Lonnie's Lament
  • 05. Cousin John
  • 06. Scoop
  • 07. I Loves You, Porgy
  • 08. Panther

ディスク   2

  • 01. 3 Deuces
  • 02. Your Amazing Grace
  • 03. Nikki's Groove
  • 04. When Your Life Was Low
  • 05. Burning Down the House
  • 06. People Make the World Go Round
  • 07. Killing Me Softly
  • 08. Miles/Marcus Medley: Hannibal/Amandla/Tutu

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
2月のブルーノートで聴きに行った時の、あ...

投稿日:2002/10/04 (金)

2月のブルーノートで聴きに行った時の、あの興奮☆を再び味わえました♪ラン・フォー・カヴー…私もこれは入れて欲しかった。

0
★
★
★
★
★
演奏:さすがMarcus Millerと思えるテクニ...

投稿日:2002/09/28 (土)

演奏:さすがMarcus Millerと思えるテクニック。スゴイの一言!!!! 音源:何も手を加えていないにも関わらず、質は良い。 Set List:個人的にM2からの曲で、Lonnie’s Lamentが一番好き。Marcusにしか出来ないような演奏で質、内容とも非常に満足できた1枚。

M&M さん | 千葉県 | 不明

0
★
★
★
★
★
SO WHAT 復活!! やっぱ曲目違うジャン!...

投稿日:2002/09/27 (金)

SO WHAT 復活!! やっぱ曲目違うジャン!はよなおしたほうがええよ >HMVさんなにやってんの? 音質にばらつきがあるものの演奏は無茶苦茶熱いです!!! ラストのMILES・MARCUS MEDLEY は 没10周年に捧げたのでしょうか、リリースはMILESの命日ですね 涙です。で 復活の10☆!!! SO WHAT・I Love You Porgyがいい!!!! 

jj さん | tokyo | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Marcus Miller

 1980年代初頭、マイルス・デイヴィスのバンドに加入するが、2年間は一方で創業直後のGRP(デイブ・グルーシン&ラリー・ローゼン・プロダクション)のスタッフ・ミュージシャンとしての活動も継続している。>この間、デヴィッド・サンボーンの作品に参加、大きな人気を獲得した。81年、マイルス・デイビスの『ザ・マン・ウィズ・ザ・ホーン』に起用され脚光を浴びる。83年には初リーダー・アルバム『サドゥンリー』

プロフィール詳細へ

Marcus Millerに関連するトピックス

フュージョン に関連する商品情報

おすすめの商品