CD 輸入盤(国内盤仕様)

Esvital Jazz Lugano 2008

Marcus Miller (マーカス・ミラー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
IACD10569
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Japan (国内盤仕様)
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明

2007年にリリースしたアルバム『フリー(原題:Free)』は日本ではアルバム・チャートNo.33にランク・インするというこのジャンルでは驚異のセールスを記録する。翌08年はこのニュー・アルバムをフィーチュアしたヨーロッパ・ツアーを行う。このツアーの一環で7月4日に開催されたルガーノ・ジャズ・フェスティヴァルに出演する。オリジナルとカヴァーで構成されたパフォーマンスではマーカス・ミラーならではのハイ・テンション&ハイ・テクニカルなベース・プレイが全編で炸裂! 正にネオ・ベース・ヴァーチュオーゾの貫禄を知らしめるライヴ・パフォーマンスだ。

輸入盤国内仕様<帯、英文ブックレットの対訳付き>

マーカス・ミラー(b)
アレックス・ハン(sax)
ジェイソン“JT”トーマス(ds)
フェデリコ・ゴンザレス・ペーニャ(kbds)


(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

  • 01. プラック(インタールード) >ブラスト
  • 02. ハイアー・グラウンド
  • 03. ジャン・ピエール
  • 04. パンサー
  • 05. ホェン・アイ・フォール・イン・ラヴ
  • 06. パワー
  • 07. ブーメラン
  • 08. ホワット・イズ・ヒップ

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Marcus Miller

 1980年代初頭、マイルス・デイヴィスのバンドに加入するが、2年間は一方で創業直後のGRP(デイブ・グルーシン&ラリー・ローゼン・プロダクション)のスタッフ・ミュージシャンとしての活動も継続している。>この間、デヴィッド・サンボーンの作品に参加、大きな人気を獲得した。81年、マイルス・デイビスの『ザ・マン・ウィズ・ザ・ホーン』に起用され脚光を浴びる。83年には初リーダー・アルバム『サドゥンリー』

プロフィール詳細へ

Marcus Millerに関連するトピックス

フュージョン に関連する商品情報

おすすめの商品