Music Magazine: 2009年: 12月号

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
084791209
フォーマット
発行年月
2009年11月
日本

商品説明

【追悼特集】 加藤和彦

1960年代から日本のポップ/ロックの最先端を切り開いてきた才人=加藤和彦が、10月16日にこの世を去った。
67年にフォーク・クルセダーズのデビュー曲「帰って来たヨッパライ」の大ヒットで鮮烈にシーンに登場、71年に結成したサディスティック・ミカ・バンドではイギリスに進出し、さらに70年代中盤以降のソロ活動では作詞家=安井かずみと組み、ゴージャスな“ヨーロッパ3部作”などを発表した。よしだたくろうのプロデュースやベッツィ&クリス、竹内まりやらのヒット曲の作曲も手がけ、アーティストとしても作家としても、その功績は絶大なものがある。
長身で、お洒落で、新しいもの好きだった加藤さん。本誌では69年の創刊号から連載で童話を執筆してもいただいた。改めてご冥福をお祈りするとともに、その遺産を未来に伝えるべく、特集をお送りします。

■ 新しいアイディアを、形を変えながら具現化してきた加藤和彦(小倉エージ)
■ ソロ、グループ、ユニットの全オリジナル・アルバム(今井智子、岡村詩野、小川真一、小山守、サエキけんぞう、志田歩、高橋健太郎、安田謙一、湯浅学、渡辺亨)
■ ベスト、編集盤、発掘音源(小川真一)
■ ザ・フォーク・クルセダーズの衝撃(湯浅学)
■ サディスティック・ミカ・バンドがめざしたもの(真保みゆき)
■ 安井かずみと作り上げたソロとしての世界(北中正和)
■ 映画音楽、提供曲など、作家としての加藤和彦(小川真一)


□ カーネーション(志田歩)
□ クレア&ザ・リーズンズ(岡村詩野)
□ デイヴィッド・シルヴィアン×大友良英(小山守)
□ [リレー・エッセイ] 創刊40周年を迎える09年に考える、音楽の未来と私(12)(大鷹俊一)
□ 「エレック唄の市」復活(和久井光司)
□ リクルマイ(大石始)
□ TWIN TAIL(小野島大)
□ 7ワールズ・コライド(和田靜香)

Tune In!
◇ ボブ・ディラン
◇ R.E.M.
◇ ジョス・ストーン
◇ ブレット・アンダーソン
◇ ザ・クリブス
◇ かしぶち哲郎
◇ □□□(クチロロ)
◇ 大橋トリオ
◇ ユンナ


REGULAR CONTENTS
◆アルバム・ピックアップ……注目の新作をじっくり批評。
 Bob Dylan/R.E.M./Clare And The Reasons/Joss Stone/Elizete Cardoso/Carnation/Lizard ほか
◆クロス・レヴュー……4人の評者が採点評価で誌上バトル!
◆アルバム・レヴュー/ヴィデオ・レヴュー……洋楽・邦楽の最新リリース200〜300タイトルを鋭い評文とともに10点満点で採点。音楽ライフの頼れる味方!
◆輸入盤紹介……世界各国あらゆるジャンルの注目作を詳細にいち早く!
 Manu Chao/Rosanne Cash/Heavy Trash/Willie Clayton/Nellie McKay/Morrissey ほか
◆[連載]音楽の発火点(石田昌隆)/とうようズ・トーク(中村とうよう)/今野雄二のビッグ・スクリーン・バンケット/行川和彦のDo It Yourself!(インディ盤紹介)/安田謙一のこれがヒットか!?/野沢あぐむの痛快!艶歌まる齧り/萩原健太のコンパクト・ディスカヴァリー/小野島大の配信おじさん
◆国内外の音楽関連ニュース/ライヴ、本、映画の本格的レヴュー/ニュー・リリース、コンサート情報など

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
フォークル、ミカ・バンドはともかく、加藤...

投稿日:2009/11/24 (火)

フォークル、ミカ・バンドはともかく、加藤和彦のソロ作品に これまで総体的に書かれた書籍は今のところないので貴重です。 真の天才は、やはり没後に評価されるのでしょうか・・・。

ムッシュK さん | 静岡県 | 不明

0

雑誌(情報) に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド