Music Magazine: 07 / 7月号

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
084790707
フォーマット
発行年月
2007年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:

商品説明

★特集: くるり
〜ギター・ロック、ギター・ポップ、エレクトロなどアルバムごとに新たな挑戦を続け、常に高い評価を受けながらも、シングルをヒット・チャートに送り込む、実験性と大衆性を併せ持ったバンド、くるりが新作を発表する。音楽の方向性が変わってもファンを魅了し続け、最前線で日本のロック・シーンを引っぱる彼らの魅力に独自の切り口で迫る、ファン待望、くるり大特集です!

■岸田繁、佐藤征史に聞く、新作『ワルツを踊れ』
■『ジョゼと虎と魚たち』から『天然コケッコー』へ―くるりと映画
■くるりヒストリー 〜京都の学生バンドが日本のロックを塗り替えた10年
■オリジナル・アルバム・ガイド
■岸田繁の年間ベスト・アルバム1999−2006
■“ぎこちなさ”という個性―くるりの音楽的魅力を考える
■くるりが育まれた街=京都の音楽風景


○ポール・マッカートニー
EMIを離れてリリースされた新作『メモリー・オールモスト・フル』

○トリビュート・アルバムから考える、世界のジョニ・ミッチェル現象
孤立を恐れぬ前進、それが真の“ジョニ・ミッチェル的なもの”である

○どこが地の果て?アルジェリア――マグレブの音楽を発掘してみよう〔後篇〕

○アンティバラスとアコヤ・アフロビート
世界の混迷の中心地ニューヨークで鳴り響く、それぞれのアフロビート

○フランク・ブラック
ピクシーズを率いた男の意外な素顔

○『ポリス・インサイド・アウト』DVD化
バンドの野心が強烈に伝わる痛快な映像

○パティ・スミス紙ジャケ再発
2007年、ドラマチックなアーティスト人生を祝う三つのできごと

○【インタヴュー】キップ・ハンラハン

○高田蓮
生の弦楽器とポップ・ミュージックの理想的な関係を、静かに模索する男

○マーブル・シープ
結成20年目を迎えたバンドのリーダー=松谷健に聞く

○リチャード・トンプソン
英フォーク・ロックの先駆者が新作で描く“戦争”と“人間”

○ミーカ
○コルネイユ
ルワンダの大虐殺で受けた痛みを愛や希望に昇華させ、歌う

○サー・ディンディン
中国人とモンゴル人の血を引き仏教的世界観を歌う若き“仙女

○オス・リチミスタス
ブラジルの「リズム奏者たち」が奏でる「何かちょっと変」な音 

…ほか

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

雑誌(情報) に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド