総特集 ヒグチユウコ ―指先から広がる魔法― (文藝別冊)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309979762
ISBN 10 : 4309979769
フォーマット
出版社
発行年月
2019年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
223p;21

内容詳細

緻密で繊細な世界観を描く唯一無二の画家・ヒグチユウコ、初の総特集。最新作品ギャラリー、2万字インタビュー、石田ゆり子/伊藤潤二/吉田戦車との豪華3大対談ほか大充実の永久保存版。

●巻頭口絵
描き下ろし「ごあいさつカラー作品」6ページ
最新カラー作品ギャラリー 26ページ

●巻頭企画
ヒグチユウコ 2万字ロングインタビュー

●新規対談3本
石田ゆり子×ヒグチユウコ
伊藤潤二×ヒグチユウコ
吉田戦車×ヒグチユウコ

●特別寄稿
宇野亞喜良、大川ぶくぶ、キューライス、諸星大二郎
伊藤理佐、大貫亜美(PUFFY)、鹿児島睦
石黒亜矢子、羽海野チカ、コンドウアキ、名久井直子
藤田貴大(マームとジプシー)、穂村弘

●巻中カラー
「ヒグチユウコ展 CIRCUS」東京会場・世田谷文学館
ショップ&ギャラリー「ボリス雑貨店」紹介

●スペシャルインタビュー
今井昌代(テディベア・ぬいぐるみ作家)

●ヒグチユウコの舞台裏
大島依提亜、名久井直子、庭山貴裕(世田谷文学館)

●全単行本紹介

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ままこ さん

    書き下ろしカラー作品の不気味可愛い魅惑のヒグチワールドににんまり。ロングインタビューはもちろん対談や特別寄稿、舞台裏の話も興味深く面白かった。ぬいぐるみ作家の今井昌代さんとのコンビは最強だな☆

  • kurousako さん

    ヒグチさんの絵や仕事に対する考え方が好き。それから「私はこれが好きだ」と自信を持って言える、物事に対しての揺るぎない価値観が素晴らしい。ヒグチさんの作品は、「好き」がハッキリしているからこその作品なのだろう。仕事を通して知り合った方々とのチームワークや、自然と芽生えた仲間意識、友人関係が羨ましいと思った。この本を読んで分かったけど、私は作家にしても、画家にしても、描いてる側の方にさほど興味を持たないタイプの人間のようで…。裏や背景をあまり知りたくないと言うか、知らない方が楽しめる気がしている。

  • Vakira さん

    ヒグチユウコさん特集 嬉しい〜一時期見つからなかったが見つけたので即購入。ヒグチユウコさんと交友の方々のインタビューあり。ユウコさんを知れて嬉しい。小さい頃は昆虫や蛙好き。ワォ〜素敵〜蛙をもっと描いて欲しい。蛾は苦手だったんですがユウコさんの描いたスズメ蛾の絵 意外と綺麗で魅かれました。僕が好きなのはニャンコシリーズよりギュスターブ、一つ目君のシュールな世界。でも一番好きなのはヒグチユウコさんの描く少女。可愛さの中に妖しい艶かしさを秘めている。少女の絵だけで物語が浮かんでくる。映画のポスターもっと描いて〜

  • ベル@bell-zou さん

    目当てはただひとつ。伊藤潤二先生との対談。そうか、ふたりとも空白恐怖症かぁ。そしてふたりともグニャついた生き物の生態すごい詳しい。わぁゴーリーの話。おぉ、楳図かずお先生の話は異様な盛り上がりだ。伊藤先生は怖がりでヒグチさんは怖がりではない、ちょっとわかる気がする。ヒグチさんの絵の可愛さとダークさの秘密は"左右非対称な目"と伊藤先生。あぁ、やっぱり双一って伊藤先生なんだ。ヒグチさんが伊藤家の優しいとんいちに噛まれた行は笑ってしまった。まだ全部読んでないけど面倒だからもう読んだことにして登録☆(*´σー`)

  • 紫陽花と雨 さん

    なんて!なんて豪華なの!表紙を見ただけで、分かる人にはこの本の充実感がお分かりいただけるはず。ヒグチユウコさん好き必見、素敵作品ギャラリーから、ロングなインタビューでは「ひとつめちゃんは植物だったのか!」とか知れたり、ヒグチさんの交友関係・幼少期・ホラー好きが垣間見え、自分もそれを覗き見気分。いつも絵を描いてるとの色々な方の証言、またその寄稿の絵が!羽海野チカさんとかコンドウアキさんとか!石田ゆり子さんもファンでしたか✨とかもう最初から最後までどっぷりヒグチワールドに浸かれます(笑)購入して大正解でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品