増補新版 淀川長治 カムバック、映画の語り部 文藝別冊

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309977997
ISBN 10 : 4309977995
フォーマット
出版社
発行年月
2013年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
263p;21

内容詳細

講演など本人多数、蓮實重彦・金井美恵子対談などを収めた淀川長治追悼特集に、新たに蓮實重彦による淀川インタヴューなどを増補。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    最近、You-Tubeで日曜洋画劇場での淀川長治氏の解説をよく、聞いています。幼い頃、日曜洋画劇場も観ていた時の淀川氏のことは正直、覚えていない。音源を聞く限りは映画好きの優しそうなおじいさんという印象だ。でも弟さんを話す口振り、母親への愛、父親を含む淀川家への憎悪、昨今の監督の勉強不足、日曜洋画劇場への嘆きを読むと色々と込み上げてくる。「もし、淀川氏が今日の洋画、邦画の現状を観ていたなら、どんなことを言うだろう・・・」。民放が映画を滅多に放映しなくなり、映画を観る度、どうしてもそう、考えてしまいます

  • 秋 眉雄 さん

    淀川さん、荻さん、水野さん、高島さん。映画に興味を持ち出した年ごろの僕に、テレビの映画番組はとても大きな意味を持っていた。いまだに映画館で映画を観るよりも、自室のテレビ画面で観る方が落ち着くし、大きな声では言えないが吹き替えで観る方が好きだ。アル・パチーノもブルース・リーもアニセー・アルビナもラウラ・アントネッリも皆小さなテレビ画面の中にいたし、日本語を喋っていた。荻さん、水野さん、高島さんは教師で、淀川さんは校長先生だった。

  • みっつん さん

    北野武監督との対談内容が気になり読みました。だいたい僕の考えていたことが語られていて嬉しかった。監督がヨーロッパ的ユーモアを持っている(p.69参照)から世界のキタノと呼ばれると僕は思う。 やっぱり映画を無数にみておられるので知識量が凄まじい。もっとサイレント映画を見たくなった。NHKさん、ぜひぜひお願いいたします。

  • JunKawa さん

    『淀川さんは突然変異ですから継承もできない。それから、「親」もいないし「子」もいないわけですよ。DNAが変なところにくっついてああいう変異体が生まれたわけで、一世一代の係累なし。』 (蓮實重彦)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品