この商品の関連特集

千と千尋の神隠し SPIRITED AWAY ロマンアルバム

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784197201693
ISBN 10 : 4197201699
フォーマット
出版社
発行年月
2001年09月
日本
シリーズ
:
追加情報
:
29cm,148p

内容詳細

2001年公開のスタジオジブリ作品「千と千尋の神隠し」のフィルムブック。フィルムストーリー、イメージボード、キャラクター、事典、スタッフインタビュー、宮崎監督インタビュー等を収録。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 前田詩織 さん

    千がはくに本当の名前を聞いた時はくがすごく喜んでいたからよかった(`・ω・´)b

  • アイボリー さん

    無性に千と千尋の神隠しを見たくなることがあります。子供のときから大好きな作品なんです。この本は、カラー多めでストーリー展開を分かりやすく追えますね。宮崎さんのインタビューなど見どころ満載でした!

  • hr さん

    「千と千尋の神隠し」で、川の神様が飛び去るところまでが大好きで何度も見た。また見たい。

  • おこめ さん

    作品をあまり好きではない、というか見方がよくわからないであまり真面目に観ていない映画なのだけれど、どうしても読みたいインタビューがあって。先日テレビで拝見した場面では柔和なイメージしか持たなかったが、失礼ながら、か細く喋り軟弱にさえ見えた10数年前の当時から、こんなに激しいものを持っていたのかと驚いて見方を改めた。得てして秀でた表現者や制作者とはそうなのだろう。

  • てったい北関東 さん

    宮崎駿よりも、安藤雅司に焦点を置いた感じ。インタビューと、小さな絵でストーリーを追っていく。宮崎アニメにいろんなジブリ外の要素が組み込まれていた様子がわかる。やっぱりいいなあ。後継者問題とか言われてるけど、もともと宮崎駿と高畑勲ありきのスタジオで発展させる気も最初はなかったみたいだけど。引退後も彼ら無しで横続きってことは出来ないだろうし、だとしたらこういう試みが必要なんだろな、もちろんジブリを続けるならだけど。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品