レコードコレクターズ: 2008年: 5月号

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
196370508
フォーマット
発行年月
2008年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:

商品説明

【特集】 チープ・トリック
チープ・トリックが初めて日本武道館で公演を行なったのは、1978年4月。当初は日本だけで発売の予定で録音されたライヴ盤『at武道館』は、メンバー本人たちや当時のスタッフの思惑を飛び越え、あれよあれよという間に米国でも正式発売されて大ヒット。結果的に、チープ・トリックを一挙にスーパーバンドの地位に押し上げると共に、“ブドカン”の名前を世界中に広めることになりました。その伝説の武道館公演から30周年を記念する彼らの来日公演が、この4月、武道館で行なわれることになりました。これを機に、ロックの歴史をポップに凝縮したようなチープ・トリックの音楽を再検証してみることにします。キーワードは、その『at武道館』と、“パワー・ポップ”です。

■ 世界に衝撃を与えた武道館公演から30年、今も走り続ける四つの個性(赤尾美香)
■ 多様なロックの要素を娯楽性のもとに統合したサウンドの魅力(立川芳雄)
■ 21世紀型パンクの雛形として若い世代から再評価される近年(山口智男)
■ マーティ・フリードマンが語る(杉原徹彦)
■ 『at武道館』全曲ガイド(和久井光司)
■ 日本のロック少女たちが外国のポップ・スターに萌えていた時代(和田靜香)
■ グラフィック・ステーション──チープ・トリックのレア・アイテム
■ ディスコグラフィー
  オリジナル・アルバム(行川和彦)
  編集アルバム選(行川和彦)
  映像作品(北井康仁)
  オリジナル・アルバム未収録曲/ヴァージョン(北井康仁)
■ パワー・ポップ名盤50選(小松崎健郎)


【特集】 デイヴ・エドモンズ
■ ウェールズ生まれのポップ職人が聞かせるとびきりのロックンロール(平澤直孝)
■ ディスコグラフィー
  オリジナル・アルバム、発掘ライヴ(増井裕美)
  プロデュース作品リスト(増井裕美)
■ グラフィック・ステーション──デイヴ・エドモンズのレア・アイテム


【特集】 大滝詠一/ナイアガラ・カレンダー
■ インタヴュー〜12の色と音を楽しむ一大傑作の秘密(後編)(湯浅学)
■ 福生がナイアガラだった〜30周年記念プロジェクトを取材して(湯浅学)


□ コロムビア*レディメイドのコロムビア100年。
創立100周年を控え、小西康陽が膨大な音源の中から選りすぐる一大リイシュー・プロジェクトがスタート(駒形四郎)

□ ア・サーテン・レイシオ
捻れたファンク・サウンドが再評価される、マンチェスター産ニュー・ウェイヴ・バンドの名作3枚(大鷹俊一)

□ ベガーズ名盤コレクション
シリーズ第3弾はベガーズ・バンケット史上重要なオリジナル・アルバム10タイトル(小山守)

□ 鈴木 茂
リミックスされた『BAND WAGON』と『LAGOON』が“アップグレード版”としてリリース(ヒロ宗和)

□ テーマ・タイム・ラジオ・アワー
ボブ・ディランがホストを務めるラジオ番組公認のオムニバス(五十嵐正)


REGULAR CONTENTS
◆リイシュー・アルバム・ガイド──洋・邦ロックをはじめ、あらゆるジャンルの旧音源コンピレーションやオリジナル再発を、毎号200タイトル超、約50ページにわたり丁寧に紹介。他の追随を許さない圧倒的な情報量!

◆新録アルバム・ピックアップ──編集部が厳選する注目作

◆インフォ・ステーション──ニュース、リリース/コンサート情報など

◆[連載]ノーマン・シーフが迫るアーティストの素顔/ブリティッシュ・ロックの肖像(富岡秀次)/大鷹俊一のレコード・コレクター紳士録/ブラウン管の向こうの音楽職人たち(濱田高志)/レコ屋日記(中野泰博)/ちょっと一服(コモエスタ八重樫)/ウィ・ヒア・ニュー・サウンズ(武田昭彦)/海外盤DVD音楽ソフト情報(赤岩和美)/ジャズ〜ポピュラー・ヴォーカル新作案内(高田敬三)/レコード・レーベル・ギャラリー

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

雑誌(情報) に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド