モリッシー自伝

MORRISSEY (モリッシー)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784781618975
ISBN 10 : 4781618979
フォーマット
発行年月
2020年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
A5判 / 448ページ

内容詳細

モリッシーはなぜ歌い続けるのか?
誤解され続けるポップアイコン、その孤独と音楽への比類なき愛。

あなた、まだ病気なの?
英国一の問題児にして最重要人物の自伝、日本版がついに登場。


《著者情報》
モリッシー
スティーヴン・パトリック・モリッシー。1959年5月22日生まれ。イギリス・マンチェスター出身の歌手。1983年に「ザ・スミス」のボーカルとしてデビュー。ザ・スミスは、ポスト・パンク時代のカリスマ的存在として、イギリスのみならず世界の若者から人気を獲得した。4枚のアルバムを発表した後、1987年にザ・スミス解散。その後、ソロ活動を開始する。ソロ1作目『Viva Hate』は、全英1位を獲得した。以降、現在に至るまで37年間、精力的な音楽活動を続け、世界中に熱狂的なファンを獲得している。2020年3月には、ソロとして通算13枚目のスタジオ録音アルバム『I Am Not a Dog on a Chain』をリリース。ベジタリアン、社会問題や政治問題に対する論客としても知られる。

上村彰子(カミムラアキコ)
翻訳
ライター、翻訳者。東京都浅草出身。13歳のときにザ・スミスと出会って以来、モリッシーファン歴35年以上。2012年にモリッシー来日を記念して、「Action is my middle name かいなってぃーのMorrisseyブログ」を開設。モリッシーに関する情報発信をはじめる。2013年、モリッシーのライブDVD『モリッシー25ライヴ』(キングレコード)の字幕翻訳、解説を担当。2018年、モリッシーの人生哲学を読み解く『お騒がせモリッシーの人生講座』(イースト・プレス)を出版。2019年に日本公開された、モリッシーの若き日を描いた映画『イングランド・イズ・マイン モリッシー, はじまりの物語』(監督マーク・ギル)では、字幕監修、解説を手掛けた。

【著者紹介】
モリッシー : スティーヴン・パトリック・モリッシー。1959年5月22日生まれ。イギリス・マンチェスター出身の歌手。1983年に「ザ・スミス」のボーカルとしてデビュー。ザ・スミスは、ポスト・パンク時代のカリスマ的存在として、イギリスのみならず世界の若者から人気を獲得した。4枚のアルバムを発売した後、1987年にザ・スミス解散。その後、ソロ活動を開始する。ソロ1作目『Viva Hate』は、全英1位を獲得した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • かんやん さん

    モリッシーの適応障害って、学校だけでなく、職場、というか、社会、いや更にいうとこの世、つまり地球に適応していないということ。生命の満ち溢れたこの地球が最も孤独な惑星だと。ぎこちなく、こわばって、呪詛の言葉を呟いている。ずっと、もう六十だよ。モリッシー!教師や上司の怒鳴り声が、今やオーディエンスの歓声となる。何が起こったのか。彼はただ老いてゆくが、客はどんどん若返る。ミュージシャンの伝記とかってライターがいるんだろうけど、これは本人が書いたに違いないような読みにくさ。断片的で、独特な表現。旅は続いてゆく。

  • tkdmsk さん

    人の悪口になるとやたら活き活きしだす所は期待を裏切らない

  • stan さん

    ザ・スミスというよりはモリッシー個人のファン向けの自伝(半分ほどはソロキャリアの話)。持って回った言い回し、どぎつい皮肉や笑えないユーモアなど、語り口は確かにモリッシー本人っぽい。 子供時代の教師への呪詛、バンドメンバーとの裁判沙汰やビジネス関係者(ジェフ・トラヴィスなど)の執拗なこき下ろしはファンでも苦笑する他ない。それでもスミス時代にバンドマジックがあったことや、ボウイへの感謝を綴った箇所には胸を打たれる。翻訳は読みづらい箇所もあるが、膨大な固有名詞や引用の丁寧な訳は見事なもの。

  • ishida さん

    学生時代およびマイク•ジョイスとの裁判の語りの暗いこと暗いこと…スミス再結成はないな。と思わせる

  • andrebreton さん

    翻訳が酷すぎる。原書で読んだ方が良いかもしれない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

MORRISSEYに関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品