Lou Donaldson

Lou Donaldson (ルードナルドソン) プロフィール

Lou Donaldson | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

ルー・ドナルドソンLou Donaldson, 1926年11月1日 ? )は、アメリカ合衆国のジャズ・サクソフォン奏者。ビバップやハード・バップ、ソウル・ジャズのジャンルで演奏している。

ソウルやブルース寄りの演奏で知られるが、形成期には、多くのミュージシャンと同じくチャーリー・パーカーから大きな影響を受け、バップ寄りの演奏様式を採っていた。

経歴

ノースカロライナ州のバディンに生まれる。1940年代初めにノースカロライナ州立農工大学(North Carolina Agricultural and Technical State University)に入学。第2次世界大戦で海軍に従軍しシカゴで訓練を受けた際に、クラブでビバップを知る。戦後ノースカロライナ州グリーンズボロに戻り、海軍従軍経験のある州立農工大学の学生と「Rhythm Vets」というグループを組み音楽活動を開始。「Pitch a Boogie Woogie」と言う劇映画の音楽録音を担当。

ドナルドソン自身の最初の録音は、1950年のチャーリー・シングルトン・オーケストラと行ない、その後1952年にミルト・ジャクソンやセロニアス・モンクといったバップの使者とともに録音、1953年には、トランペットのヴィルトゥオーソのクリフォード・ブラウンやドラマーのフィリー・ジョー・ジョーンズとも録音を行なっている。トランペッターのブルー・ミッチェルやピアニストのホレス・シルヴァー、ドラマーの アート・ブレイキーといった錚々たる顔触れのジャズ・ミュージシャンを率いて、いくつかの小編成のグループを組んだ。アート・ブレイキー・クィンテットのメンバーとして、同グループの最も名高いアルバム『バードランドの夜 Vol.1』の録音にも加わっている。

ドナルドソンはビバップやハード・バップ、ソウル・ジャズのジャンルで録音を行なった。長年にわたってパートナーのピアニストはハーマン・フォスターが務めた。2012年10月にノースカロライナ音楽の殿堂入りし、2012年にはNEA(National…

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%