CD 輸入盤

Drumpet

Lorenzo Tucci / Fabrizio Bosso

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
VVJ091
組み枚数
:
1
レーベル
:
Vvj
:
Italy
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ハイ・ファイヴ・クインテットのメンバー=ロレンツォ・ツゥッチ (ds)とファブリッツィオ・ボッソ (trumpet)のコラボレーション・アルバム登場!

世界中で人気を集める2002年結成のイタリアのジャズ・バンド=ハイ・ファイヴ・クインテットのメンバーで、それぞれがソロ・ミュージシャンとしても各方面で活躍中の二人=ロレンツォ・ツゥッチ (ds)とファブリッツィオ・ボッソ (trumpet)のコラボレーション・アルバム。

ロレンツォ・ツゥッチ (ds)はイタリア/アブルッツォ州出身でローマを拠点に活動。ピアノ、ギターを学んだ後、12歳でドラムに転向。オーソドックスなジャズ・マナーはもちろんのこと、ラテン・ミュージックやクラブ・サウンドのスタイルにも精通する期待の若手として躍進。リーダー作としてはヴォーカル作品に取り組んだ2009年作品『Touch』やコルトレーン・ワークスに取り組んだ2011年ピアノ・トリオ作品『Tranety』、スカンナピエーコ、ルッスらと共演した2012年作品『Sweet Revelation』等でおなじみ。一方のファブリッツィオ・ボッソ (trumpet)は、1973年イタリア/トリノ出身。5歳の時にトランペットを始め、15歳でトリノのジュゼッペ・ヴェルディ音楽院を卒業。2000年に『Fast Flight』でデビューして以降、数々のリーダー作品やハイ・ファイヴ・クインテットとしての作品を連発するとともに、ロッサノ・スポルティエロ、パオロ・ディ・サバティーノ、イリオ・デ・パウラ、ジャンニ・バッソなどとの共演アルバムを制作するなど、現在イタリアでもっとも注目すべきトランペッターとして活躍。2007年にはブルーノートへと移籍を果たし、アルバム『ニュー・シネマ・パラダイス』をリリースしている。

本作は2012年7月、ローマ録音。作品の大半をツゥッチが作曲し、新たな音楽的地平を広げた注目作。

収録曲   

  • 01. Talking drums
  • 02. Lu piante de le fojje
  • 03. Don't kill Him
  • 04. Happy End
  • 05. Alone with drums
  • 06. Kenzia
  • 07. Rino
  • 08. Nature
  • 09. Impression
  • 10. Solenne
  • 11. JuJu
  • 12. Africa
  • 13. Dubai

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品