CD 輸入盤

Waiting For Columbus

Little Feat (リトル・フィート)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
7599.27344
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
オリジナル盤発売年
:
1978
フォーマット
:
CD

商品説明

オリジナル・リトル・フィート唯一のライヴ盤(1978年発表)。チャート最高位18位となるヒットを記録し、彼らにとって唯一のゴールド・ディスクとなった。彼らの代表曲をライヴ特有の熱のこもった演奏で聴くことができるオススメ盤。タワー・オブ・パワーのホーン隊が参加。

収録曲   

  • 01. Join The Band (01:19)
  • 02. Fat Man In The Bathtub (04:50)
  • 03. All That You Dream (04:25)
  • 04. Oh Atlanta (04:09)
  • 05. Old Folks Boogie (04:22)
  • 06. Time Loves A Hero (04:20)
  • 07. Day Or Night (05:23)
  • 08. Mercenary Territory (04:27)
  • 09. Spanish Moon (04:40)
  • 10. Dixie Chicken (09:00)
  • 11. Tripe Face Boogie (07:02)
  • 12. Rocket In My Pocket (03:42)
  • 13. Willin' (03:42)
  • 14. Sailin' Shoes (06:18)
  • 15. Feats Don't Fail Me Now (05:17)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
アルバムDからして、日本向けじゃあないけ...

投稿日:2010/05/03 (月)

アルバムDからして、日本向けじゃあないけど聴くと安心感すら覚えます。サウンドバランス、テクニック、フィールとも申し分ない。だいいち各パートのオトがしっかりと太い。ひとつ、ヴォーカルがこのバンドの重要なきめてだが、このサウンドに被ればこその必然があり、びしっと構成されたところは録音ミックスDまでに及びいい仕事を貫いている。まとめようとすると、概ねつまらなく失敗するが、ここのPRO連中はそうなることがだいいちにもとがつまらないのだということをあたりまえのように伝える。うわつかないしかもアメリカンロックの図太さも緻密さも聴かせる名盤です。

レオブルー さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
ジャケは可愛いですが、中味は素晴らしいと...

投稿日:2008/03/06 (木)

ジャケは可愛いですが、中味は素晴らしいというか凄まじいです。今は亡きローウェルの縦横無尽のスライド・ギター攻撃と一方味わいのあるボーカル、またバンド・アンサンブルも極致です。聞けば必ず昇天します。この異様なるテンションの高さと背筋にくるゾクゾク感はオールマンの「フィルモア・イースト」といい勝負じゃないでしょうか!?

愛しのフィート さん | 埼玉県 | 不明

5
★
★
★
★
★
トマトは今も笑っている!

投稿日:2007/03/16 (金)

トマトは今も笑っている!

マック さん | 福岡 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Little Feat

故・ロウエル・ジョージのスライド・ギターを看板として70年代アメリカン・ロックの中でもユニークな個性を放っていたリトル・フィート。日本の音楽ファンには、はっぴいえんど関連や矢野顕子とのセッションでも有名だ。その音楽性はルーツ系のアメリカン・ミュージックを志向しながらも、どこか他のバンドとは異質でモダンなドライヴ感を有しているところ、「ミクスチャー感覚」の絶妙さに集約される。ロウエル・ジョージは汎ア

プロフィール詳細へ

Little Featに関連するトピックス

おすすめの商品