Leif Juul Jorgensen / Danish Jazz Quartet

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

Just Jazz

Leif Juul Jorgensen / Danish Jazz Quartet

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
1014292
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

デンマークのベテラン・クラリネット奏者のワンホーン作
イエスパー・ルンゴー&アレックス・リールを迎えた逸品!

古き良きジャズの香り漂うクラリネットのワン・ホーン作品!1940年生まれのリーフ・ジュール・ヨルゲンセンは、ヴァイオリンを原点としつつ、12歳でクラリネットに転向。16歳で名門カフェ・モンマルトルに毎週土曜日出演した(未成年のために12時に家に戻ることを条件に出演許可されたとか・・!)という経歴の持ち主。エドモンド・ホールにインスパイアされたというその音楽は50年代におけるコペンハーゲンで傑出した存在として注目を集めたのは言うまでもありません。デンマークでの活動はもちろんのこと、バド・フリーマン、ヴィック・ディッケンソン、また自身のアイドルであるエドモンド・ホールとも共演。若くして成功し、ブレイクをとりながらの活動であったため、ワールドワイドな面で決して知名度こそ高いわけではありませんが、しかし、休みをとりながらの活動であったことも幸いしているのでしょうか?気持ちの余裕もたっぷり、トラッド・ジャズのエレガンスを感じさせる演奏には素晴らしいものがあります。本作は演奏家として引退を一方で決意しながらも、新規でスタートを切ったカルテットでの演奏。リズム・セクションにはデンマークが誇る重鎮、アレックス・リールとイエスパー・ルンゴーを迎えたジャズの美学溢れる演奏。イェスパー・シロ・カルテットのメンバーとしても活動し、85年にコペンハーゲン・ジャズ・フェスティヴァルでデビューして以来、デンマーク人ならではの王道なジャズを聴かせるピアニスト、ゾレン・クリスチャンセンのピアノも充実。“再出発するのに遅いなんてことは決してない”とのアレックス・リールの言葉にも押された模様。木管楽器ならではのソフトな音色も魅力、ジャズの楽しさが溢れたStoryvilleらしい逸品です!

Leif Juul Jorgensen(cl)
Jesper Lundgaard (b)
Soren Kristiansen (p)
Alex Riel (ds)

収録曲   

  • 01. I Can't Give You Anything But Love
  • 02. I Want A Little Girl
  • 03. Just Squeeze Me
  • 04. Autumn Leaves
  • 05. Blue Monk
  • 06. Perdido

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品