CD

Captain Fingers

Lee Ritenour (リー・リトナー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ESCA5738
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

リー・リトナー初期のエポックメイキングな作品。本作の登場によってソロ・アーティストとしてのリトナーの名声は一段と高まった

内容詳細

77年に発表されたリトナーの第2作。当時のギター少年達の決定的アイテムとなり、同年10月の来日公演は爆発的人気を集めた。名うてのスタジオ・ミュージシャンによる巧妙な仕掛け、ビ・バッブとも通底するチェンジの数々など、今も意外に新鮮に聴ける。(正)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
名盤!レコードもCDも持ってます

投稿日:2009/07/12 (日)

名盤!レコードもCDも持ってます

kiko loureiro さん | 埼玉県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
このCDと次のキャプテンズ・ジャーニー辺り...

投稿日:2005/06/22 (水)

このCDと次のキャプテンズ・ジャーニー辺りが最高点の様な気がしますが、1st CDのファーストコース(だったけな?)を再発しませんかね〜?それが一番好きなんだけど。。。

Dr.Slapp さん | tokyo | 不明

2
★
★
★
★
★
タイトル曲は、俗に言うフュージョン音楽の...

投稿日:2004/09/10 (金)

タイトル曲は、俗に言うフュージョン音楽のベスト5に入るトラックだと確信しています。D.グルーシン、G.デュークのシンセ合戦をバックに伸々と弾きまくるリトナー氏、H.メイソンもベストのキメとノリを醸しだしています。聴き終えた後の清涼感はサイコー!!

FINGER 5 さん | 相模原 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Lee Ritenour

 1977年、リー・リトナーは、彼の評価を決定付けた初期の代表作、 Captain Fingers を発表。ギタリスト、サウンドクリエイター、さらに、コンセプターとして、ユニークな地位を確立した。一方、西海岸生まれのリトナーにとって、ウエス・モンゴメリーとともにもう一つ彼の音楽歴にとって忘れられない要素、“ブラジル・フレイヴァー”を実現した名盤、RIO が1979年発売され、その後のギターシンセの

プロフィール詳細へ

Lee Ritenourに関連するトピックス

フュージョン に関連する商品情報

おすすめの商品