みてみておかあさん MOEのえほん

Lee (絵本作家)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784592762041
ISBN 10 : 4592762045
フォーマット
出版社
発行年月
2017年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
32p;27

内容詳細

「わたし、おねえちゃんになったからがんばったのに、いっつもひとりぼっちみたいなの」このきもちどうしたらおかあさんにつたわるのかな―?このごろちょっぴり淋しげな、みなちゃん。それは、おかあさんが、あかちゃんのお世話で毎日いそがしいから―あまえたいのにあまえられない、おねえちゃんになった女の子の気持ちを柔らかな空気感で描いた、注目の2人の作家による、はじめてのコラボ絵本!

【著者紹介】
LEE : 1964年東京都生まれ。ヘアメイクアーティストの渡辺サブロオ氏のアシスタントを経て、雑誌、広告、映画、演劇などでフリーランスとして活躍中

みやこしあきこ : 1982年埼玉県生まれ。2012年に『もりのおくのおちゃかいへ』(偕成社)で第17回日本絵本賞大賞受賞。2016年『よるのかえりみち』(偕成社)でボローニャ国際絵本原画展ラガッツィ賞特別賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • たまきら さん

    そうなの、いまみてほしいの。だよね。でも、それは親が何かに集中しているから言うんだよね。ごぼうを千切りしているときとか、どうしても明日までに提出しないといけない書類を書いているときとか、シャンプーながしてて前が見えない時とか。で、おこるの。少し自分がわがままなのはわかってる、大きいから。だから一人で反省して、遊んでるとまた心が戻る。ああ、そんなことあったなあ。娘に読みながら、思い出しました。私が「今見て!」の部分をわがままいっぱいに読んでると彼女が照れくさそうにしていて胸キュン。

  • リラコ さん

    お姉ちゃんってきっとこんな気持ちなんだろうなとなんだか切なくてでもそっと温かくなるお話です。子どもはいつの間にか成長して大人になっていくんですね。読みおわって命の尊さを感じました。自分に子どもができてお姉ちゃんがいるならば一緒に読んでぎゅっと抱きしめたいな。

  • にゃんた さん

    急に自分の下に兄弟ができた時の複雑な気持ち、察するに余りあるなぁ。こんな簡単なもんじゃなくもっともっと複雑な何かがあるだろうけど。下の子が産まれて忙しいお母さんが、これを読んで上の子の気持ちに寄り添うためにある本かな。

  • 刹那 さん

    目は好きではないけど、お話はお母さんに読んでほしいかな。

  • 遠い日 さん

    みやこしあきこさんの絵を求めて。…でしたが、全体的な柔らかなイメージは変わらないものの、子どもの目の描き方がこれまでとは異なるために、力のある印象を受けました。最初、違和感を拭えませんでしたが、お話とともに読んでみて、こういう目の方が、このみなちゃんの内面の耐え忍んでがんばっている葛藤には、ふさわしいのかもしれないと感じました。お姉ちゃんになった子の、内心のもやもや。寂しさとがんばらなければという健気な努力にはらはら。そして、乗り越えていくクライマックスのシーンに、拍手!!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品