Larry Young
新商品あり

Larry Young (ラリー・ヤング) プロフィール

Larry Young | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

ラリー・ヤングLarry Young)もしくはハリド・ヤシンKhalid Yasin, 1940年10月7日 ニューアーク ? 1978年3月30日 ニューヨーク)はアメリカ合衆国のジャズ・キーボード奏者(オルガニストならびにピアニスト)。ソウル・ジャズ寄りのジミー・スミスとは対照的に、モーダル・ジャズの先駆者として知られるが、その実ソウル・ジャズも手懸けた。ジミ・ヘンドリックスとのジャム・セッションによってレコードを残したことから、ジャズ愛好家だけでなく、ロック愛好家にも名前が知られている。イスラム教に改宗してハリド・ヤシン・アブドゥル・アジズKhalid Yasin Abdul Aziz)に改名した。

略歴

1950年代にさまざまなリズム・アンド・ブルースのバンドと共演した後、ジミー・フォレストやルー・ドナルドソン、ケニー・ドーハム、ハンク・モブレイ、トミー・タレンタインとの共演でジャズの経験を積んだ。

1960年よりプレスティッジ・レーベルでリーダー・アルバムの録音を開始し、『テスティファイイング(Testifying)』や『ヤング・ブルース(Young Blues)』、『グルーヴィー・ストリート(Groove Street)』など多数のアルバムを作った。1964年にブルーノートに移籍した頃には、ジョン・コルトレーンの顕著な影響が見えるようになった。ヤングの最良の作品が作り出されたのもこの頃である。ギタリストのグラント・グリーンやドラマーのエルヴィン・ジョーンズとしばしばトリオを組んでおり、時にはその編成に多少の増員を行なった。このような手順を踏んだアルバムは、ほとんどがグリーンの名義で発表されたが、(サクソフォンにサム・リヴァースを迎えた)アルバム『イントゥ・サムシン(Into Somethin')』は、ヤングのブルーノートにおけるデビュー盤となった。1965年に録音されたアルバム『ユニティ(Unity)』は、ヤングの代表作であり、ジョー・…

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%