CD 輸入盤

Funky Waltz

Larry Coryell (ラリー・コリエル)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
GRNCD013
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

1973年12月4日、ボストン・ジャズ・ワークショップでのラリー・コリエル&イレブンス・ハウスのライヴを収録。コリエルの超絶テクによる爆裂ギターをトリガーに、ランディ・ブレッカー(tp)、マイク・マンデル(key)、ダニー・トリファン(b)、アルフォンス・ムザーン(ds)、バンドが一丸となってアグレッシヴなジャズロック・サウンドを展開。エレクトリック・マイルスを髣髴とさせるランディのプレイも痛快!

Larry Coryell (el-g)
Randy Brecker (tp)
Mike Mandel (key)
Danny Trifan (b)
Alphonse Mouzon (ds)
Live at Jazz Workshop, Boston USA, 4th December, 1973

収録曲   

  • 01. Introduction (0:25)
  • 02. Yin (7:48)
  • 03. Low-Lee-Tah (6:39)
  • 04. The Funky Waltz (6:21)
  • 05. Ism-Ejercicio (4:40)
  • 06. Gratitude "A So Low" (6:05)
  • 07. Band Introductions (2:14)
  • 08. Joy Ride (12:04)
  • 09. Drum Solo/Birdfingers (9:10)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Larry Coryell

 ジョン・マクラフリン、パコ・デ・ルシアとの“スーパー・ギター・トリオ”によるツアーの演奏は、超絶技巧によるアコースティック・ギターの演奏の限界に挑んだヴァーチュオーソならではの演奏として高い評価を得た。ラリー・コリエルは70年代後半から80年代に掛けて日本でも爆発的な人気を博し、ロックギター・ファンから、オヴェイションのギター・ファンまで幅広い支持を得た。

プロフィール詳細へ

Larry Coryellに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品