CD 輸入盤

Live At Blue Note Tokyo

Larry Carlton / Steve Lukather (ラリー・カールトン / スティーブ・ルカサー)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
335R1604
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
ライブ盤,輸入盤

商品説明

ラリー・カールトン&スティーヴ・ルカサー
2015年のブルーノート東京公演をCD化!
全公演ソールドアウトした超人気&熱狂のライヴが蘇る!!


2015年1月末〜2月、札幌、大阪、名古屋、福岡、東京と日本縦断ツアーを敢行したラリー・カールトンとスティーヴ・ルカサー。そのトリであるブルーノート東京公演がCD化!

この東京ブルーノート公演は、1月30日〜2月3日、5日間10公演全てがソールドアウトとなる大人気ぶり。グラミー賞のベスト・ポップ・インスト・アルバム賞にも輝いた名作『No Substitutions -Live In Osaka』から約15年、不動の人気をしっかりと証明してくれたものでした。しかし、それもそのはず。”Mr. 335”ラリー・カールトンは、デビュー以来数々のアーティストからも尊敬を集めてやまない永遠のギターヒーロー。スティーヴ・ルカサーは、1977年にTOTOを結成。89年のアルバム『Lukather』以来、積極的なソロ活動に取り組むと同時に、TOTOとして9年ぶりの作品リリースも控えて来日。実際、双方が多忙を極めるため二人の共演を見られるのは、世界でも貴重なもの(日本公演のほかは、ニュー・モーニングを有するパリくらいしかない、とのラリー・カールトン談)であり、ファンとしては必見・必聴のライヴ。そうした意味でも、本公演のCD化は「世界的にも朗報!」なのです。

収録曲は、その5日間からまさに美味しいところどり。『No Substitutions -Live In Osaka』でもオープニングを飾った「The Pump」で幕開けすれば、会場は即熱狂の嵐!ブルージーで五臓六腑に染みいるカールトンのギターに、ロック・スピリッツ溢れるルカサーのギター。この演奏に熱くならないファンはいないというものです。今回は、ブルースの原点である「Crossroads」をアップテンポの8ビートで弾きまくる演奏や、マイルス・デイヴィス&マーカス・ミラーによるジャズ史における孤高のナンバー「Tutu」といったところも聴きもの!また、クルセイダーズ時代の曲「Lily's of the Nile」も往年のファンにはうれしいところ。

メンバーも、カールトン・バンドで長く活躍するジェフ・バブコ、ラリーの息子トラヴィス、そしてTOTOの現メンバーでもあるキース・カーロックと鉄壁の布陣!ギター・ファン、フュージョン〜ロック・ファンの心を熱くするリリースです!

Larry Carlton (g)
Steve Lukather (g,vo)
Travis Carlton (b)
Jeff Babko (key)
Keith Carlock (ds)

収録曲   

  • 01. The Pump
  • 02. Tutu
  • 03. Lily's of the Nile
  • 04. Crossroads
  • 05. Only Yesterday
  • 06. Ben E Wah
  • 07. While My Guitar Gently Weeps

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

Larry Carlton / Steve Lukatherに関連するトピックス

フュージョン に関連する商品情報

おすすめの商品