すべては「単純に!」でうまくいく

L.j.ザイヴァート

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784870315440
ISBN 10 : 4870315440
フォーマット
出版社
発行年月
2003年02月
日本
追加情報
:
21cm,223p

内容詳細

どうして単純なことを複雑に考えてしまうのか。モノ、金、人、自分自身をシンプルにすれば、ストレスがみるみる消えていく。人生をすっきり生きるための方法を教えるドイツのベストセラーを邦訳。

【著者紹介】
ローター・J・ザイヴァート : 1957年生まれ。時間管理の専門家として指導的な立場にいる。トレーニングとカウンセリングを専門にするザイヴァート研究所を主宰し、これまでに多くのベストセラーを出しており、20カ国以上で出版されている。またその業績にさまざまな賞が与えられ、高い評価を得ている

ヴェルナー・ティキ・キュステンマッハー : 1953年生まれ。牧師を経て、現在グラフィックデザイナー、イラストレーターとして活躍。これまでに50冊以上の本を書いている。98年から出している月刊のニューズレター『シンプリファイ・ユア・ライフ』は、2万人の購読者が毎月楽しみに待っている

小川捷子 : 大学卒業後、ドイツ、アメリカに留学。帰国後、通訳、航空会社勤務を経て、現在フリーで翻訳に携わっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAKAPO さん

    ≫あらゆる複雑な活動や発明は、もともと人生を「シンプルにしたい(もっと幸せに暮らせるように)」という気持ちから発しているのです。前に読んだ時は気がつかなかったんですけど隙間時間に再読したところ、このフレーズが目に飛び込んできました。そうですよね。私たちは、面倒くさいことから逃れるために、活動していると言っても良いのかもしれません。そう言えば、本田直之さんも「面倒くさいことにならないように、やらなければならないことを先にやる。」みたいななことを書いていました。さて、残り少なくなってきた人生を単純!にしよう。

  • まど さん

    完璧を目指さないっていうのがよかった。私の場合「完璧にできない」→「後回し」→「結局やらない」→「最悪の結果」なので、できるところから少しずつやっていこう来年は。

  • 放蕩長男 さん

    実家の本棚を整理していたら出てきました。おそらく私が生まれて初めて読んだ、自己啓発書です。題名の通り、人生をシンプルに生きよう、という趣旨の本です。ピラミッド型に生活の要素を積んだ図を表し、一番下に物質的な要素、つまり「物」との関わりを示して第1章で語り、徐々に精神的なこと、特に人間関係について章を重ねていく構成です。机周辺の書類を整理する方法「アイゼンハワー方式」は、この本で学びました。今読み返すと、読みやすさに重点が置かれている反面、理屈や根拠に乏しい気がしました。

  • Humbaba さん

    生活をしていれば,必ず自分の周りには無駄なものが溢れてくる.スッキリとした良い人生をおくるためには,そのような無駄なものはどんどん捨てていく必要がある.物を捨てるというのは,簡単にできることではない.だからこそ,それをやれば自分を変えることができるだろう.

  • 邑尾端子 さん

    ドイツ人の筆者が、物、お金、時間、健康、人間関係、パートナー、自分自身の7つについて、身辺を「単純に」整えることの大切さとその方法を説く一冊。参考になる部分も多くあったが、筆者がドイツ人だからか、仕事に対する価値観が現代日本人と違いすぎて驚愕した部分も。仕事に対する考え方の部分で、「成功しない人は、残業を求められても徹底的に拒否して逃げたり就業前に帰ったりしてサボる。成功する人は、時と場合により、たまには残業も受け入れる。」みたいな部分とか、大半の日本人は「ハァ?!?!?!」である。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品