CD

Awake

L'Arc〜en〜Ciel

基本情報

カタログNo
:
KSCL837
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

前作『SMILE』より約1年3か月ぶり、通算10枚目のアルバム(インディーズで発表の『DUNE』含む)。『自由への招待』『New World』『Killing Me』『叙情詩』などのタイアップ曲も含む、全12曲が収録されている。『叙情詩』のようなストリングスのきれいなスローバラードから、『New World』のようなスピード感あふれるロックまで、4人それぞれの音楽性が結晶した、完成度の高い力作。「ダイハツ工業(株)Move Custom」CFソング「自由への招待」、テレビ朝日系「Matthew's Best Hit TV」エンディングテーマ「Killing Me」、日本テレビ系・プロ野球中継『The Live 2005』イメージソング「New World」、日本テレビ系「スーパーテレビ情報最前線」エンディングテーマ「叙情詩」、劇場版『鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』エンディングテーマ「Lost Heaven」を含む、全12曲収録。前作『Smile』を経て、より一層バンドとして充実した傑作アルバムに仕上がっています。

内容詳細

通算10作目となるオリジナル・アルバム。2004年の全国ツアーの手応えがフィードバックされたのか、バンド感とライヴ感が強い作品に仕上がっている。メロウな歌モノからヘヴィネス要素も含んだナンバーまで、曲調の幅広さも特徴。(幸)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
232
★
★
★
★
☆
 
36
★
★
★
☆
☆
 
20
★
★
☆
☆
☆
 
7
★
☆
☆
☆
☆
 
4
★
★
★
★
★
ラルクの最高傑作だと思った。シングル曲す...

投稿日:2009/04/23 (木)

ラルクの最高傑作だと思った。シングル曲すべて秀逸なのはどのアルバムにも共通しているが、このアルバムはラルクでは稀な非常にコンセプチュアルな1枚に仕上がっている。テーマは反戦、ロックとは程遠いものをテーマにしたなと思ったものだ。いろんな側面からハイドなりの反戦のアプローチが伺える。 星空あたりも人気がありそうだが、それ以上に特にMy Dear、この一曲を聞くためだけにこのアルバムを買っても損しないくらい、ラルク、いや邦楽史に残る名曲であろう。生まれて初めて心が震える感覚を覚えた。

さぁ愛を探して さん | yokohama | 不明

2
★
★
★
★
★
正直初めて聴いた時は少し聴きにくいな…と...

投稿日:2008/04/19 (土)

正直初めて聴いた時は少し聴きにくいな…という印象がありました。 けれど、何回も聴いていると強いメッセージが込められている事に気づき1曲1曲の良さが分かってきました。 今はこのアルバム大好きです!

アキ さん | 千葉県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
前作のSMILEに比べたら、このアルバムの方...

投稿日:2007/11/24 (土)

前作のSMILEに比べたら、このアルバムの方が断然よいです。この作品はコンセプトアルバムだけあってやや重い雰囲気なのですが、hydeはこういう歌詞も書けるんだなと驚きました。僕が特に好きなのは1,3,7です。my dearはイントロから鳥肌でした。バックコーラス・hydeの囁く歌い方・サビ2の後のロングトーンが印象的。あえてkenがギターを持たなかったのは潔いし、正解と思います。tetsuのベースは優しくメロディアスで、この曲ぴったりの名演だと思いました。ただ、アルバムとしては、hyde曲が多すぎる気も。やはりラルクの核はkenでしょう。

ガルベス さん | 神奈川 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

L'Arc〜en〜Ciel

2001年のベスト盤以降、メンバーのソロ活動が激化し、バンドとしてはほとんど機能しなくなっていたL'Arc〜en〜Ciel。それぞれが才能あり個性あるメンバーだからこそ、ソロとして成功を収め、そして2004年再び彼らは集結!その活動は、なかなかの苦労や壁を乗り越えながら、遂には日本のロックバンドの頂点に上り詰めた。

プロフィール詳細へ

L'Arc〜en〜Cielに関連するトピックス

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト