Kristin Hersh (クリスティンハーシュ) レビュー一覧

Kristin Hersh | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

10件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • 今作ではクリスティンの神経質で怖い位に張り詰めた感じ(も...

    投稿日:2006/03/12

    今作ではクリスティンの神経質で怖い位に張り詰めた感じ(もちろん良い意味)が薄れている。それが彼女の魅力の一つであったことは確かだが、穏やかで落ち着いた雰囲気の彼女も素晴らしい。シンプルだからこそ飽きのこない聴けば聴くほど味が出る良盤。

    胡蝶 さん

    0
  • アコギが基本ですが決して穏やかなだけではありません...

    投稿日:2006/01/30

    アコギが基本ですが決して穏やかなだけではありません。ひたすら内省的な作りで淡々と歌っているいるだけでも痛々しいくらいの想いが伝わってくるようです。そしてクリスティンの叫びは時折寒気と恐怖をも感じさせます。

    胡蝶 さん

    0
  • いわゆるひとつの充実作でしょう。全く隙の無い仕上が...

    投稿日:2004/11/17

    いわゆるひとつの充実作でしょう。全く隙の無い仕上がりで彼女の自信が窺える。サイケ色濃度=ジャケット

    EAST JUNK さん

    0
  • まず、ジャケットの美しさに目がいきます。 それはい...

    投稿日:2004/05/15

    まず、ジャケットの美しさに目がいきます。 それはいいとして、この作品はKristin Hersh のソロとしては最高傑作です。一言でいえば、”(彼女の)エキセントリックとポップの融合ここに極まり”です。 アルバムを通して、決して特異でもなく、イヤミでもない様々な音(バンド的なものからアコースティックなものまで)展開されています。 くわえて、ほとんどの曲を自作し、ほとんどの楽器を演奏し、プロデュースにも携わっているという事実も!ぜひアルバムを通して聴いてみてください

    レコバ さん

    0
  • ミュージズ解散を宣言した後に出た、クリスティンの3r...

    投稿日:2003/10/05

    ミュージズ解散を宣言した後に出た、クリスティンの3rdソロ。アコギ弾き語りも数曲ありますが、エレキギターもドラム入りのバンドサウンド主体。要するに、半分ミュージズなんですが、ループやエフェクトが多用されてる点で違うと言えば違います。正直、中途半端なスタイルで方向性が定まっていない観が強いです。ただ、決して駄作ではないし、良い曲も多いです。

    Gepetto さん

    0
  • 4thソロ・アルバム。前作に引き続きバンド・サウンド...

    投稿日:2003/10/05

    4thソロ・アルバム。前作に引き続きバンド・サウンド主体ながら、アコギの音の比重が強いです。まとまりもあって、いい意味で肩の力が抜けてて、風通しの良ささえ感じます。この充実した曲と歌唱を聴けば、この人の才能の大きさが解るでしょう。入門にはお薦めしませんが、病的に寒々しい1stを聴いた後にはちょうどいいのではないかと思います。

    Gepetto さん

    0
  • クリスティンがストリングスをバックに1stソロの収録...

    投稿日:2003/06/09

    クリスティンがストリングスをバックに1stソロの収録曲を歌う作品。アルバム未収録の3曲はどれも素晴らしいし、ストリングス・ヴァージョンはオリジナルと別物なので買って損することはない。 相変わらず、暗くて寒々とした世界が約30分展開されている。貧しい少女がマッチを売ってる、白い夜の街角から聞こえてくる音楽は、きっとこんなふうに悲しく美しいんだろうな、と思う。

    Gepetto さん

    0
  • 久々にアコースティック路線へ回帰した、クリスティン...

    投稿日:2003/06/09

    久々にアコースティック路線へ回帰した、クリスティン・ハーシュのソロ・アルバム。同時発売のミュージズの作品とは対照的に、声と歌を聴かせることに的を絞った、シンプルな作風。 前作、前々作は、ミュージシャンとしての器用さや器の大きさが前面に出ていたが、この作品では、再びシンガーとしてのクリスティンが圧倒的な才能と個性を見せてくれる。文句なしの名盤。

    Gepetto さん

    0
  • オルタナティヴ・ロックのゴッドマザー、クリスティン...

    投稿日:2003/06/09

    オルタナティヴ・ロックのゴッドマザー、クリスティン・ハーシュの1stソロ・アルバム。REMのマイケル・スタイプとの共演も話題になった。 盟友タニヤ・ドネリーの脱退によるミュージズ空中分解の危機を反映してか、暗く寒々とした作風になっている。アコースティックな演奏をバックに聞こえてくる歌は、怖いくらいに美しい。圧倒的な声の力は、『アンプラグド』のカート・コバーンさえ凌ぐほどだ。痛々しさとともに、クリスティンの才能の大きさを感じさせてくれる大傑作。

    Gepetto さん

    0
  • 1聴すると、Kristin Hersh特有のテンションが感じら...

    投稿日:2003/05/23

    1聴すると、Kristin Hersh特有のテンションが感じられず、地味に感じられる。が、全体として温かい雰囲気が支配していて、新しい個性も発見できる。(自分としては、とても温かい人だとは思っていたが) 音的にはアコースティックギター主体だが前作のとはまったく違う空気をかもし出している。特に2曲目のグルーヴ感は最高です。 ただ「上手い」だけのシンガーソングライターを遥かに超越してます。

    レコバ さん

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%