Klaus Schulze (クラウス・シュルツェ)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

Irrlicht

Klaus Schulze (クラウス・シュルツェ)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CDTB133
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD

商品説明

タンジェリン・ドリーム、アシュ・ラ・テンペルでドラマーを務めていたクラスス・シュルツェが、アシュ・ラ〜脱退後、1972年に発表した初のシンセサイザー・ソロ作品で、彼の代表作に挙げられる一枚。後の作品と比べて圧倒的にアヴァンギャルド性の強い内容。うねるようなキーボードの多重録音によって唯一無比の世界が描き出されている。

収録曲   

  • 01. Saltz Gewitter
  • 02. Saltz Exil Sils Maria

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
8
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
何かとんでもない物を聴いてしまった・・・

投稿日:2008/12/04 (木)

何かとんでもない物を聴いてしまった・・・

キリキリ痛い さん | 埼玉 | 不明

0
★
★
★
★
★
今更だがこのアルバムを初めて聞いて衝撃を覚...

投稿日:2007/12/30 (日)

今更だがこのアルバムを初めて聞いて衝撃を覚えない人はいないはず、その位歴史的価値のある作品。

1
★
★
★
★
★
こうも早く紙ジャケット化が実現するとは!...

投稿日:2007/09/04 (火)

こうも早く紙ジャケット化が実現するとは!CLUSTERも十一月にはCLUSTER&ENOも出るのにどうする金を......FRIPP&ENOも出るし。まだTANGERINE DREAMも集め切れていない。音響派の嬉しい悲鳴が。

精神異常者 さん | 21世紀 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Klaus Schulze (クラウス・シュルツェ)

1947年8月4日生まれジャーマーン・プログレを語る上で欠かすことのできない重要人物。レコード・デビューはタンジェリン・ソリームのファースト・アルバムで当時はドラムを演奏していた。その後、アシュラ・テンプルのメンバーに。他にも数多くのセッションに参加しており、ドラマーとしての評価も高い。

プロフィール詳細へ

Klaus Schulze (クラウス・シュルツェ)に関連するトピックス

おすすめの商品