CD

Romance Language

Kirk Whalum (カーク・ウェイラム)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
KKJ014
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

カーク・ウェイラムが贈る、名盤『ジョン・コルトレーン&ジョニー・ハートマン』へのブラック・コンテンポラリー版オマージュ。曲目も一目瞭然、前半6 曲は曲順まで含めて、まったく同じ。絶妙にPOP でコンテンポラリーなアレンジ、メローなサックス・・・しかし、決して軽くならないのが、カーク・ウエイラムの音世界。それは、演奏家という前に、牧師さんという人間的なものもあるかと思いますが、音色には、筆舌に尽くしがたい味わい、ソウルがあり、温かさが滲むというもの。そして、カークの兄弟であるケヴィンのヴォーカルが人肌のぬくもりを感じさせるシルキーで、懐深いバリトン・ヴォイスにて、カークのサックスと絶妙の相性で、ホロリとさせられます。

その他メンバーも、カークを支えるいつもな面々。昨年、本年と来日したジョン・ストダードにマーカス・フィニー。彼らがカークから絶大な信頼を得ているのは、言うまでもないことですが、共にまた信心深い人たち。ソフィスティケートされたサウンドの中にも、コクを感じさせます。

後半4 曲も味なもの。レオン・ラッセル辺りの世界を感じさせるM-7ほか、後半3 曲には、究極のインスト・ナンバーも加え、インストのファンも手中に入れる構成。“Lovin'You”のイントロ・ラインを思い起こさせる泣きのフルートで始まるM-9 は極上のバラード。オルガンに心地いいギターのカッティング、カークのメロウ・サックスは殺し文句のような演奏です!!ロング・セラーを続けるダニ・ハサウエイ曲集に引き続き、話題必至。

Kirk Whalum(Tenor & Soprano Saxophones, Flute), Kevin Whalum(Lead Vocals), Hugh “Peanuts” Whalum(Lead Vocals M-7), Marcus Finnie(Drums), Braylon Lacy(Bass), Kevin Turner(Electric Guitar), Michael “Nomad” Ripoll (Acoustic Guitar), Ralph Lofton(Organ), John Stoddart(Piano, Keyboards, Organ=M-10, Backing Vocals=M-9), Bashiri Johnson(Percussion M-1,5, 7, 8, 10), Javier Solis(Percussion=M-2, 3, 6, 9), George Tidwell(Flugelhorn & Trumpet)

*日本語帯、解説付

収録曲   

  • 01. They Say It's Wonderful
  • 02. Dedicated To You
  • 03. My One And Only Love
  • 04. Lush Life
  • 05. You Are Too Beautiful
  • 06. Autumn Serenade
  • 07. Almost Doesn't Count
  • 08. I Wish I Wasn't
  • 09. I Wanna Know
  • 10. Spend My Life With You

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

フュージョン に関連する商品情報

おすすめの商品