LPレコード 輸入盤

Kinks Are The Village Green Preservation Society 50周年記念盤 デラックスエディション (BOX仕様/3枚組アナログレコード+5枚組CD+3枚組7インチシングル)

Kinks (キンクス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
5053.840204
組み枚数
:
11
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
リマスター, デラックスエディション,輸入盤

商品説明

※「Time Song」収録のボーナス7インチシングルはこちらのBOXセットには付属しておりません。ご了承ください。

イギリスらし過ぎるブリティッシュ・ロック・バンドとして世界中のロック・ファンから今も愛され、リスペクトされているザ・キンクス。その彼らの最高傑作との呼び声高い『THE VILLAGE GREEN PRESERVATION SOCIETY』が、発売50周年を記念して最新リマスター音源で蘇る!CD5枚にアナログLP、7インチ・シングルに豪華ブックやポスターなどを1つに収めた超豪華なスーパー・デラックス・ボックスには、未発表曲「Time Song」やピート・タウンゼンドによるアルバム・ノーツなど見逃せないコンテンツも多数収録!!

■ 元祖ブリット・ロック・バンドとして世界中のロック・ファンから今も愛され、リスペクトされているザ・キンクス。ブリティッシュ・ビート・ムーヴメントの時代からロック・シーンに大きな影響を与えてきた彼らがリリースした膨大な作品群の中でも重要作品の1つとして広く知られている1968年作品『THE VILLAGE GREEN PRESERVATION SOCIETY / ヴィレッジ・グリーン・プリザヴェイション・ソサエティ』。今年発売50周年を迎える本作が、その記念すべきアニヴァーサリー・イヤーに、最新リマスター音源で蘇る!

■ ザ・キンクス通算6作目のスタジオ・アルバムとなる本作は、古き佳き英国の生活と時代に思いを馳せたコンセプト・アルバム。廃れ、薄れてゆく伝統的な英国の生活や風景、成長し老いることをテーマにしたノスタルジックなストーリーを、フォーキーなアコースティック・サウンドにのせて描いた作品だ。ウィットとユーモア、そしてペーソスが滲む、過ぎるほどに英国らしいこのアルバムは、それまでのキンクスが持つイメージやスタイルとは大きく異なるものだった。しかし時代は1968年。英米の音楽シーンではサイケデリック・ムーブメントが巻き起こり、サイケデリック・ロックやポップ、アート・ロック、ブルース・ロックなど様々な音楽のスタイルやアティテュードが生まれた“激動の時代”を迎えていた。そんな時流を全く気にすることなく、(むしろシニカルに見ていたのかも知れない)独自の道を歩んでいた彼らのこの作品は、その独創性故に商業的には苦戦した。しかし、今ではザ・キンクスの代表作の一つ、またレイ・デイヴィスが生んだ傑作の一つとして広く認識されている。

■ アルバムの発売50周年を記念してリリースされる今回のリイシューは、オリジナル・テープからの2018年最新リマスター音源に、オリジナルのアートワークを可能な限り再現したもの。オリジナル発売時のゲートフォールド仕様ジャケットを復刻したLPや、1CD、ステレオとモノ、両ヴァージョンの音源にボーナス・トラックを加えた2CDデラックス・エディションの他、全174曲を収録したCD+LP+7インチの超豪華仕様のスーパーデラックス・エディションの4形態での発売となる。

■ 「『THE VILLAGE GREEN PRESERVATION SOCIETY』は個人的に、自分の人生におけるある時代の終焉についての作品だと思う。自分の想像の中にある町のアルバムであり、無邪気さ、そして若さの終わりを描いている。かなり年を取った人もいるが、VILLAGE GREENでは大人になることが許されていないのさ。この作品自体が、一つのライフ・サイクルの一部だと感じているんだ」―-レイ・デイヴィス
(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

【SUPER DELUXE BOX】
● CD5枚+アナログLP3枚+7インチ・シングル3枚・全174曲収録
● オリジナル・マスターテープからの2018年最新リマスター音源を、ステレオ&モノラル両ヴァージョンをフィーチャー!
● 未発表教「Time Song」収録!
● アルバム・ノーツ、バンドのコメント、未発表のものも含む当時の貴重な写真、さらにピート・タウンゼンドによるエッセイをフィーチャーした52ページのハードカバー・ブック!
● 当時のものを再現したメモラビリア: Village Green LPのゲートフォールド・ジャケット内面のイメージを使用したポスター/Empire Liverpool 1968ツアー・ポスター/1968年、ハムステッド・ヒースでのフォト・セッションからの写真を使用したフォト・プリント/メンバーのサインを印刷したプロモーション用アーティスト写真レプリカ/1968年ボーンマスでのライヴのチケット・レプリカ/PYEレコードの宣伝用カード/「Days」の楽譜

【CD1: 2018 STEREO REMASTER】 アルバムの2018年最新リマスター音源のステレオ・ヴァージョン+シングル曲、B面、別ヴァージョンや別ミックスなどのポーナス・トラック収録
【CD: 2018 MONO REMASTER】 アルバムの2018年最新リマスター音源のモノラル・ヴァージョン+シングル曲、B面、別ヴァージョンや別ミックスなどのポーナス・トラック収録
【CD3: VILLAGE GREEN SESSIONS】 ”Village Green"セッション音源: 別ヴァージョン、別ミックス、バッキング・トラックなどレコーディング・セッションからの音源収録。未発表音源多数!
【CD4: VILLAGE GREEN AT THE BBC】 TVでのパフォーマンス音源、インタビューなど未発表音源を多数収録。
【CD5: PRESERVATION, SESSION, LIVE & DEMOS】 70年代半ばの音源や未発表のホーム・デモ音源、レイ・デイヴィス 2010年デンマークでのライヴ音源、未発表曲「Time Song」など貴重な音源をフィーチャーしたディスク

【LP1&2】 アルバムの2018年最新リマスター音源のステレオ・ヴァージョンとモノ・ヴァージョンを収録したゲートフォールド・ジャケット仕様の2枚組
【LP3】 コンティネンタル(スウェーデン)盤・12曲ヴァージョン

【7INCH SINGLE 1: Days / She's Got Everything】 (1968年作品)
【7INCH SINGLE 2: Starstruck / Picture Book】  (1968年作品)
【7INCH SINGLE 3: The Village Green Preservation Society / Do You Remember Walter? 】  (1969年作品)
(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. The Village Green Preservation Society
  • 02. Do You Remember Walter?
  • 03. Picture Book
  • 04. Johnny Thunder
  • 05. Last of the Steam-Powered Trains
  • 06. Big Sky
  • 07. Sitting By the Riverside
  • 08. Animal Farm
  • 09. Village Green
  • 10. Starstruck
  • 11. Phenomenal Cat (2018 Stereo Remaster)
  • 12. All of My Friends Were There (2018 Stereo Remaster)
  • 13. Wicked Annabella (2018 Stereo Remaster)
  • 14. Monica
  • 15. People Take Pictures of Each Other

ディスク   2

  • 01. The Village Green Preservation Society (2018 Mono Remaster)
  • 02. Do You Remember Walter? (2018 Mono Remaster)
  • 03. Picture Book
  • 04. Johnny Thunder
  • 05. Last of the Steam-Powered Trains
  • 06. Big Sky
  • 07. Sitting By the Riverside
  • 08. Animal Farm
  • 09. Village Green (2018 Mono Remaster)
  • 10. Starstruck
  • 11. Phenomenal Cat
  • 12. All of My Friends Were There
  • 13. Wicked Annabella
  • 14. Monica
  • 15. People Take Pictures of Each Other

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Kinks

たとえば初めてエレキ・ギターを持ったとしよう。ディストーションを効かせて”ユー・リアリー・ガット・ミー”のイントロ部分のリフを弾いた時の気持ち良さといったらどうだろう。単なるFとGの繰り返しに過ぎないのだが、この実にシンプルなリフこそがキンクスの、そしてロックンロールの魅力なのではないだろうか。

プロフィール詳細へ

Kinksに関連するトピックス

おすすめの商品