CD

Tokyo Rendez-Vous

King Gnu

基本情報

カタログNo
:
UXCL128
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

SXSW2017、Japan Nite US Tour 2017も出演している鬼才音楽家 常田大希率いるバンド、
Srv.VinciがKing Gnuに改名!! 改名後、早くもアルバムのリリースも決定!!

突如として現れた、音・ビジュアル共に圧倒的オリジナルセンスと完成度を誇るバンド、King Gnu。
前身となったSrv.Vinci時代もアカデミックでありながらもアナーキーな匂いを漂わせ、ロック、ヒップホップ、テクノ、現代音楽などが同列で解き放たれるサウンド・センスで注目を集めていた彼らが、バンド名をKing Gnuと改名し、より強烈な個性を放つ音楽集団として新たなスタートを切った。Srv.Vinci時代から培ってきた唯一無二のミクスチャー感覚はより洗練され、メンバー個々のプレイヤーとしての表現力も存分に活かされた新たなポップミュージックを形成している。さらに、今作のアートワークやMUSIC VIDEOは彼らのクルーともいえる、クリエイティブ集団“PERIMETRON”が手がけ、音像と共に唯一無二の世界観を築きあげている。

<プロフィール>
東京藝術大学出身で独自の活動を展開するクリエイター常田大希が2015年にSrv.Vinciという名前で活動を開始。
その後、メンバーチェンジを経て、常田大希(Gt.Vo.)、勢喜遊(Drs.Sampler)、新井和輝(Ba.)、井口理(Vo.Key.)の4名体制へ。
SXSW2017、Japan Nite US Tour 2017出演。2017年4月、バンド名をKing Gnuに改名し新たなスタートをきった。


(メーカーインフォメーションより)

内容詳細

東京藝術大学出身のヴォーカリスト/ギタリストを中心に、2017年より現グループ名で活動する4人編成バンドのファースト・アルバム。耳にこびりつくリフをベースに、どこか愁いを帯びたメロディが斬新さと調和を同時に感じさせる。アクの強いヴォーカルも妙にはまっている。(亜)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

King Gnuに関連するトピックス

インディーズ に関連する商品情報

おすすめの商品