King Crimson
新商品あり

King Crimson (キング・クリムゾン) レビュー一覧

King Crimson | レビュー一覧 | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

商品ユーザーレビュー

1042件
並べ替え: 新着順| 共感数の多い順| 評価の高い順
  • ここに納められている公演の原典は、Road to Red とい...

    投稿日:2019/02/27

    ここに納められている公演の原典は、Road to Red という超絶ボックスセットでノーカットで聴ける。音質もあちらの方がいい。しかしあのボックスセットはマニアック過ぎる。で、このCDになるが、とにかく音が固くて耳にさわる。リマスターを期待したい。

    水カステラ さん |40代

    0
  • ホントは、本作収録のボックスセット、Sailors’ Tale...

    投稿日:2018/02/05

    ホントは、本作収録のボックスセット、Sailors’ Tale を購入したのだけれど、なかなか全部を聴くのは難しいので、まずは、それに収録された目玉の Earthbound のディスク(DVD-A)について。オフィシャルで初めてCD化されたとき、アナログ盤とくらべ、あまりに低音が強めで脳みそがどうにかなってしまいそうだったので、CDはあまり聴かなかった。しかし、今回は、初CD化の際とマスターは同じにもかかわらず、ハイレゾ・マジックなのか、かなりアナログと印象が近くなったように感じた。元々の音が音なので、限界はあるけれど、かなり聴きやすくなった。●ボーナス・トラック(アルバム?)も充実していて、Earthbound の元の音源となった Jacksonvile と Peoria の公演からそれぞれ ”The Sailor’s Tale” と ”Groon”( ”Peoria” を含む)を収録。編集前の全貌が明らかに!ただ、”Pictures of a City” (Milwaukee)、”Formentera Lady” (Milwaukee)、”Cirkus” (Orlando)、”Ladies of the Road”(Orland)、”The Letters” (Denver)を収録している理由はなぞ。解説を読めば、理由が書かれているのだろうか? Fripp は当アルバム発表時からこのような構成を考えていたが、収録時間の関係で実現しなかったのだろうか?(★が一つ足りないのは、このへんの脈絡がよくわからないから。)●ちなみにオリジナル盤の構成と音質を楽しむため、恒例のアナログ落とし音源を収録!●個人的には、以前にコレクターズクラブの一つとして発売された Summit Studios のスタジオ・ライブが再収録されたのがうれしい。4チャンネル版も収録されているので、既にCDを購入された方も御一聴を!繊細なところはより繊細に(”Cadence & Cascade”!)、荒々しいところはより荒々しくなった気がする。特にCD化の際には、16分弱だった ”Improv.: Summit and Something Else (including The Creator Has a Master Plan” がおそらくほぼ未編集で倍以上の38分!CD版では、David Bottrill と Alex R. Mundy の巧みな編集技術により非常に構成された曲に聞こえていたが、ここでは曲が有機的に流れていく。Boz のスキャットはよりセクシーでソウルフルだ。しかし、この時期のKCは悪ノリする傾向が強いが、珍しく「静」を重んじる部分もある。これはスタジオ録音の雰囲気がなせる技なのだろう。残念ながら、”Lark’s Tongues in Aspic”っぽいギターはここでもテープの入れ替えのためか、尻切れトンボ。もう少し聴きたかった。●あと、”21st Century Schizoid Men” が入っているけれど、ぼくは遠慮しておきます。●最後に、Fripp は、この時期、Collins、Wallace、Boz にブルーズを勝手にやられて、置いてきぼりをくらい、スツールに座って、ギターを弾かぬまま、ただ下を向いていたみたいなことがよくいわれるけれど、ブルーズやファンクの語彙みたいなものは知っていて、ちゃんとギターを弾いているように思う。そして、あの独特なギター・ソロをぶち込むスペースを他の3人はちゃんと空けている(”Earthbound” の後半とか)。ジャズみたいにソロの持ち回りをしていただけじゃないかな。みんな、いい仕事していると思う。

    naoko さん |40代

    1
  • この作品のみ国内盤が発売されていません。2017国内盤...

    投稿日:2017/09/28

    この作品のみ国内盤が発売されていません。2017国内盤は、遅ればせながら、過日、めでたく発売されました。私は、この作品も、国内盤が欲しい。みなさんは、どうですか?評価は未聴のため、暫定です。

    SOFTS さん |50代

    1
  • 本編には満足しています。でも、エレメント2016国内盤...

    投稿日:2017/09/27

    本編には満足しています。でも、エレメント2016国内盤が未発売のまま、2017国内盤が発売されました。メーカー様、2016国内盤は発売しないのですか?

    SOFTS さん |50代

    0
  • バンドの曲を聴くときにそのバンドの状態を知っている...

    投稿日:2017/02/28

    バンドの曲を聴くときにそのバンドの状態を知っているのと知らないのとでは大きな違いがあります。 例えば、ビートルズのLet It BeやAbbey Roadがバンド内の軋轢が大きくなり解散寸前の状態で作られたことを知って聴くと感慨も一層のものになります。White Albumnしかりです。 このガイド本のライブ演奏の裏側の事情を知ることができ興味深いです。 ロック界の紳士と思っていたブルフォードがクロスのことをバンドのお荷物呼ばわりしていたなど知りませんでした。 買ったけどあまり聞いていないRoad to Redですが、このガイド本を読んでまた聞こうかという気になりました。

    30ラロッカ さん

    1
  • good!nice!!three drum 素晴らしい!!!

    投稿日:2016/09/08

    good!nice!!three drum 素晴らしい!!!

    jey さん

    2
  • 選曲、演奏、音質、価格を考えれば、ファンの人は絶対...

    投稿日:2016/03/24

    選曲、演奏、音質、価格を考えれば、ファンの人は絶対に買いでしょう。前年のライヴ盤ではトリプルドラムの必要性やメロトロン音の魅力が伝わり切らない感じもしたが、昨年末の日本公演を見た人や本作を聴いた人は現在の編成の意義を理解するのではないかと思う。

    NTAS さん

    5
  • Road To Redを持っていて、とても気に入っているので...

    投稿日:2016/02/22

    Road To Redを持っていて、とても気に入っているので、この73年の終わりから74年の4月までのライブ集も当然、大大大満足。 かなり録音の悪い3枚を除けば、途中での演奏録音の中断もあるけれど、基本的に録音状態にもそれなりに満足。 73年から74年までのCRIMSONのライブを楽しむためには、このSTARLESSとROAD TO REDの2セットは、どうしても必要。

    hourglass part2 さん |50代

    2
  • REDは、LPの時から聴いていて、CRIMSONで最も気に入っ...

    投稿日:2016/01/22

    REDは、LPの時から聴いていて、CRIMSONで最も気に入っていたもの。もし、74年のカナダとアメリカの公演を実際に見にいけば、必要な経費がどれほどだったか、を想像して、購入を即決。 いくつか既発の音源と重複するけれど、聴いてみると、大大大満足。同じような曲だけれど、74年のこのライブ集は、何度聴いても飽きない。REDとその直前2枚のアルバムの集大成。

    hourglass part2 さん |50代

    1
  • 発売延期の商品といっしょに注文していたので、ようや...

    投稿日:2015/07/12

    発売延期の商品といっしょに注文していたので、ようやくこのアルバムを聞くことができた。すでに他の方のレビューをいくらか読んでいたので、はじめにあったほどの期待はしていなかったが、その分、「案外、いいではないか」と思えた。確かに収録時間、選曲はもったいぶっているように思うが、個人的な意見を言わせていただくと、「安易な道に走ったフィリップ」ではなく、「おじさん(おじいさん?)になった紅の王」といった感じ。フィリップ翁とよく呼ばれていたが、本当にフィリップは歳を重ねて翁になっただけで、いままでのように、どことなく奇をてらったことはぜず、ただ自分(たち)のしたいことをした、その結果、大人の落ち着いた演奏になったのではないかと思う。だからといって、何もチャレンジしていないわけではなく、トリプル・ドラムは、スタジオ録音でなくても、ステレオ効果をよく生み出していて、おもしろい。ただ、私の耳が悪いのか、マイク・セッティングのせいなのか、ドラム3人をフロントラインに置いておる割には、他の楽器より奥から聞こえてくる。これも、「結果、オーライ!」で、前の方でドカドカされても「煩いなぁ」としか思わなかっただろう。結局、私自身も歳をとって、昔のように理論も演奏もギンギンにされるよりは、今の落ち着いた演奏が合っているのかもしれない。まぁ、ライブをフルに聞けば、印象は変わるかもしれないが…。12月、それを確認するための時間を私にくれることを祈る!

    naoko さん |40代

    3

既に投票済みです

ありがとうございました

%%message%%