CD

THE NIGHTWATCH (2CD)

King Crimson (キング・クリムゾン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
IECP20277
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

●アルバム『暗黒の世界』制作のためにマルチトラック・レコーディングを行った公演の全長版。キング・クリムゾン半世紀の歴史の中でも最も有名なライヴ音源といっても過言ではない鉄板の名演!太陽と戦慄クリムゾンは’74年のアルバム『レッド』制作直前の北米ツアー音源が人気だが、実は最も演奏が充実していたのはこの’73年秋のヨーロッパ・ツアー。最強クリムゾンを体験するならこれがベスト!

●『暗黒の世界』制作用のマルチトラック・レコーディングがマスター・テープとなっているため音質は完璧! ‘74年北米ツアー音源ではセットから外される「太陽と戦慄 パート1」のレコーディング・ラインナップによる完璧音質のライヴ・テイクが聴ける他、『暗黒の世界』収録の「突破口」、「人々の嘆き」、「夜を支配する人」、「トリオ」のオリジナル・テイクが聴ける。太陽と戦慄クリムゾンのハイ・テンションかつ緊張感あふれる演奏は発売以来クリムゾン・ファンのバイブルとして高い人気を誇っている。

録音:1973年
メンバー:ロバート・フリップ(ギター、メロトロン)、ジョン・ウェットン(ベース、ヴォーカル)、ビル・ブルフォード(ドラムス、パーカッション)、デイヴィッド・クロス(ヴァイオリン、キーボード)


(メーカーインフォメーションより)

内容詳細

アルバム『暗黒の世界』制作のためにマルチトラック・レコーディングを行なった1973年の公演の全長版。翌年の北米ツアー音源からは外される「太陽と戦慄パート1」のレコーディング・ラインナップによる最強のライヴ・テイクが聴ける名演揃いの一枚。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. イージー・マネー
  • 02. 人々の嘆き
  • 03. 土曜日の本
  • 04. 突破口
  • 05. 夜を支配する人
  • 06. インプロヴィゼイション: 暗黒の世界

ディスク   2

  • 01. インプロヴィゼイション:トリオ
  • 02. 放浪者
  • 03. インプロヴィゼイション:ザ・フライト・ウォッチ
  • 04. ザ・トーキング・ドラム
  • 05. 太陽と戦慄パートU
  • 06. 21世紀のスキッツォイド・マン

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
11
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
USAやアースバウンドもすげえ良いけど、...

投稿日:2008/09/20 (土)

USAやアースバウンドもすげえ良いけど、これには敵わない!21〜はこれに入ってるライブ音源が1番完成度が高いのでは??興奮するよ、これ。

マスロック さん | 埼玉 | 不明

1
★
★
★
★
★
ロックバンドでありながら、クオリティーの高い集団即...

投稿日:2008/02/18 (月)

ロックバンドでありながら、クオリティーの高い集団即興をポンポンとステ-ジ上で創出してみせる。グルーヴのあるプレイから、 リリカルなものまで。73年収録のこの作品は、発売日に購入し、何度も何度も聴き返した。  最初に出たブートは、音質はコモリぎみで、ピッチは遅く、「スターレス・アンド・〜」の収録曲も、入っていなかったため、何で皆が最高だ!などと言っているのか同意できなかったが、この作品は、個人的に色々と買った音楽CDのなかで、2番目に好きな作品となった。ラークスT未収録&好調なナイト・ウォッチの演奏中に機材がトラブる等、欠点があからさまなのにトータルで、この演奏クォリティー..

星影のステラー・リージョンズ さん | 宮城県 | 不明

0
★
★
★
★
★
(続き)そこがまた、ファン心理をくすぐってくれ...

投稿日:2008/02/18 (月)

(続き)そこがまた、ファン心理をくすぐってくれる。そんな所まで含めると、ライヴアルバムというカテゴリーに絞った際にダントツ1位のフェイバリット作になってしまうことをいつも痛感させられてしまう。 

星影のステラー・リージョンズ さん | 宮城県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

King Crimson

プログレッシヴ・ロックの代表格として数え上げられるキング・クリムゾン。その中心となるロバート・フリップの独特の思考法や、はっきりとしたテーマを掘り下げた音楽的探求の手法は、現在も他に類をみないスタイルだ。またクリムゾンが伝説として語られる要因は、彼らが現れた60年代後期から70年代初期の時期にかけて、彼らの音楽がロックの概念自体を揺るがすような刺激に満ちていた、ということが挙げられる。

プロフィール詳細へ

King Crimsonに関連するトピックス

おすすめの商品