CD

THE GREAT DECEIVER 2 (2CD)

King Crimson (キング・クリムゾン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
IECP20281
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

●元々は1992年に発表された1973、74年のマルチ・トラック録音、サウンドボード録音音源から演奏の優れたものを抜粋した4枚ぐみのボックス・セット。2007年にCD2枚ずつの分割パッケージとして再発売された。今回の発売はその2007年フォーマットに準じている。この2は4CDのうちCD-3、4を収録。

●この2はCD-1に当時、アメリカの人気FM番組だった『キング・ビスケット・フラワー・アワー』用に録音された1974年4月29日ピッツバーグ、スタンレー・シアター公演をメインとし、6月29日ペン・ステート大学公演を部分収録。CD-2には1974年6月24日のカナダ、トロント、マッセイ・ホール公演、1973年スイス、チューリッヒ、フィルクスハウス公演を収録。こちらも全公演、マルチトラック録音音源を使用している。’74年USツアーの前半に当たるピッツバーグ公演は最終盤のプロヴィデンス公演とは異なり嵐が起きる前の端正な演奏が魅力で、バンドがアルバム『レッド』のアートワーク裏面のようにレッドゾーンへ向かっていく過程が見て取れる内容になっている。これもファン人気の高いアイテムだ!

メンバー:ロバート・フリップ(ギター、メロトロン)、ジョン・ウェットン(ベース、ヴォーカル)、ビル・ブルフォード(ドラムス、パーカッション)、デイヴィッド・クロス(ヴァイオリン、キーボード)


(メーカーインフォメーションより)

内容詳細

1973〜74年の第3期のライヴ音源を集めたシリーズのパート2。数々の人気曲に加え、レアな音源も収録された2枚組で、臨場感にあふれた興奮必至のパフォーマンスが展開されている。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. ウォーク・オン(入場)…ノー・プッシーフッティング
  • 02. 偉大なる詐欺師
  • 03. インプロヴィゼイション・バートレー・バッツフォード
  • 04. 放浪者
  • 05. インプロヴィゼイション・ダニエル・ダスト
  • 06. 夜を支配する人
  • 07. ドクター・ダイアモンド
  • 08. スターレス
  • 09. インプロヴィゼイションーウィルトン・カーペット
  • 10. ザ・トーキング・ドラム
  • 11. 太陽と戦慄 パート2
  • 12. 喝采とアナウンスメント
  • 13. インプロヴィゼイション・イズ・ゼア・ライフ・アウト・ゼア?

ディスク   2

  • 01. インプロヴィゼイション・ゴールデン・ウォルナット
  • 02. 夜を支配する人
  • 03. 突破口
  • 04. インプロヴィゼイション・クルーレス・アンド・スライトリー・スラック
  • 05. ウォーク・オン(入場)…ノー・プッシーフッティング
  • 06. インプロヴィゼイション・サム・プッシーフッティング
  • 07. 太陽と戦慄 パート1
  • 08. インプロヴィゼイションーザ・ロウ・オブ・マキシマム・ディストレス パート1
  • 09. インプロヴィゼイション・ザ・ロウ・オブ・マキシマム・ディストレス パート2
  • 10. イージー・マネー
  • 11. インプロヴィゼイション・サム・モア・プッシーフッティング
  • 12. ザ・トーキング・ドラム

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

King Crimson

プログレッシヴ・ロックの代表格として数え上げられるキング・クリムゾン。その中心となるロバート・フリップの独特の思考法や、はっきりとしたテーマを掘り下げた音楽的探求の手法は、現在も他に類をみないスタイルだ。またクリムゾンが伝説として語られる要因は、彼らが現れた60年代後期から70年代初期の時期にかけて、彼らの音楽がロックの概念自体を揺るがすような刺激に満ちていた、ということが挙げられる。

プロフィール詳細へ

King Crimsonに関連するトピックス

おすすめの商品