Hi Quality CD

Red: デビュー40周年記念エディション

King Crimson (キング・クリムゾン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
IEZP17
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
Hi Quality CD
その他
:
DVD AUDIO付き, 期間限定盤, 紙ジャケ, リマスター
追加情報
:
HQCD + DVD Audio
2×紙ジャケット仕様
6ヶ月期間限定生産

商品説明

本作品は現行の2004年マスターにDVDAを加えた2枚組です。
ジャケットの仕様はCD=英国アイランド盤初期プレスに用いられた英国盤仕様(現行紙ジャケットと同じ上下背絞りタイプ)+DVDA=日本盤ワーナ・パイオニア初回プレス仕様紙ジャケに初回8000番台番号時の帯のレプリカ付き。

(収録予定)
CD
レッド / 堕落天使 / 再び赤い悪夢 / 神の導き / スターレス / +ボーナストラック収録
・レッド(未発表トリオ・バージョン)
・堕落天使(未発表トリオ・バージョン/ インスト版)
・プロヴィデンス(『グレート0・ディシーヴァーより』)
DVDオーディオ
レッド / 堕落天使 / 再び赤い悪夢 / 神の導き / スターレス / +ボーナストラック収録
・堕落天使(未発表トリオ・バージョン/ インスト版)
・プロヴィデンス(フル・ヴァージョン)
ア・ヴォヤージ・トゥ・ザ・センター・オブ・コスモス
・ボーナス映像
太陽と戦慄 / 人々の嘆き / 夜を支配する人 / スターレス(フランスのTV局が当時収録したライヴ映像)

内容詳細

解散発表の直後にリリースされた1974年発表のラスト・アルバム。『太陽と戦慄』『暗黒の世界』に続くハイテンションで濃密な名盤。2004年マスターのHQCD+DVDオーディオの2枚組で、ジャケットはアイランド盤初期プレスのUK盤仕様だ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. レッド/Red
  • 02. 堕落天使/Fallen Angel
  • 03. 再び赤い悪夢/One More Red Nightmare
  • 04. 神の導き/Providence
  • 05. スターレス/Starless
  • 06. レッド(トリオ・ヴァージョン)/Red
  • 07. 堕落天使(トリオ・ヴァージョン・インスト版)/Fallen Angel
  • 08. プロヴィデンス「グレート・ディシーヴァー」より/Providence

ディスク   2

DVDA

  • 01. レッド/Red
  • 02. 堕落天使/Fallen Angel
  • 03. 再び赤い悪夢/One More Red Nightmare
  • 04. 神の導き/Providence
  • 05. スターレス/Starless
  • 06. レッド(トリオ・ヴァージョン)/Red
  • 07. 堕落天使(トリオ・ヴァージョン・インスト版)/Fallen Angel
  • 08. 神の導き(フル・ヴァージョン)/Providence
  • 09. ア・ヴォヤージ・トゥ・ザ・センター・オブ・ザ・コスモス)/A Voyage To The Center Of The Cosmos
  • 10. 太陽と戦慄パート㈼(ボーナス映像)/Larks
  • 11. 夜を支配する人(ボーナス映像)/The Night Watch
  • 12. 人々の嘆き(ボーナス映像)/Lament
  • 13. スターレス(ボーナス映像)/Starless

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
プラスティックケースより紙ジャケット、通...

投稿日:2010/07/28 (水)

プラスティックケースより紙ジャケット、通常音源よりも+未発表音源&映像ということで損は無いと思う。

黒いガチャピン さん | 所在地 | 不明

0
★
★
★
★
☆
40周年記念盤のレビューを書きたい。本作の...

投稿日:2010/06/22 (火)

40周年記念盤のレビューを書きたい。本作の素晴らしさは今さら語るべき事もない。DAD(デジタルオーディオディスク)つまりCDが登場して29年…今世紀になってCDプレーヤーの生産が終了。現在はSACDが主流になっているが…ハイブリッド盤が中心で通常のCDが今だに主役を努めている。2000年代初頭にDVDオーディオのソフトが発売になりユニバーサルプレーヤーが一部のメーカーから発表されたが個人的にはポシャると確信していた。90年代にアメリカのスペクトラルオーディオが開発したHDCD(ハイディフェンシャルコンパクトディスク)が世界的に評価を得たが…日本ではビクターのK2インターフェイスを始め16ビットのICを24ビットに拡張する技術が売りになりDENONやLUXMANなど一部のメーカーがこのチップを内蔵しており個人的にはこのHDCDの音質に満足していた。Ble-Spec CDなど素材を吟味した商品があるが…テクノロジー自体の違うSACDに及ばない。本作の魅力はその絶滅したDVDオーディオにあるが…アメリカやヨーロッパでもこのフォーマットが活躍した情報がなく個人的にユニバーサルプレーヤーを所有しており聴く事が出来るが…コア−なファンにとっても有難い企画ではないだろう?

オーディオファイル さん | 東京都 | 不明

3
★
★
★
★
★
色々と意見はありますが、このクリムゾン最...

投稿日:2010/01/25 (月)

色々と意見はありますが、このクリムゾン最高傑作は不滅です。「宮殿」よりも付加価値が高いのは、映像にあります。最強メンバーによる「スターレス」の映像が見れるだけで良いのです。MILES DAVISフリークの自分は、「アガパン」期MILESとこの頃のクリムゾンは即興性等で非常に近い物を感じます。特に両者のブートを聴いたり、観たりすと......狂気が......

OZZYRANDYJAKE さん | 不明 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

King Crimson

プログレッシヴ・ロックの代表格として数え上げられるキング・クリムゾン。その中心となるロバート・フリップの独特の思考法や、はっきりとしたテーマを掘り下げた音楽的探求の手法は、現在も他に類をみないスタイルだ。またクリムゾンが伝説として語られる要因は、彼らが現れた60年代後期から70年代初期の時期にかけて、彼らの音楽がロックの概念自体を揺るがすような刺激に満ちていた、ということが挙げられる。

プロフィール詳細へ

King Crimsonに関連するトピックス

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト

  • 作成者:hotchaさん