DVDオーディオ

Reconstrukction Of Light: 40th記念ver.(DVDオーディオ+HQCD)

King Crimson (キング・クリムゾン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
IEZP124
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
DVDオーディオ

商品説明

40thアニヴァーサリー・シリーズ最終章その1

2009年にスタートし10年かけてキング・クリムゾンの基幹作品をレストアしてきたプロジェクトも遂に最終段階。今回発売2品目はダブル・デュオ期の2作品。2000年発表の『ザ・コンストラクション・オブ・ライト』と2003年発表の『ザ・パワー・トゥ・ビリーヴ』の2作品。40thアニヴァーサリー・シリーズのフォーマットに則った2019年版新規マスター使用のCDと5.1chサラウンド、2019年ステレオ音源をハイスペック・オーディオで収録したDVDオーディオ・ディスクの2枚組。

ダブル・デュオ2000年作が新規レコーディングを含む2019年版ニュー・マスターで復活!

■ザ・リコンストラクション・オブ・ア・ライト

1997年から1999年にかけてのプロジェクト活動を経てダブル・デュオとして復活を果たした2000年発表作。デジタル・レコーディング過渡期の作品でレコーディング当時使用したソフトが現在のPC規格とマッチせずドラム・パートの欠落が生じたため、パッと・マステロットが新たにドラム・パートを録音し直した改訂版マスターがCD、DVDA共にメイン。オリジナル録音当時、ドラム・サウンドに強い不満を持っていたマステロットの呪いがこのトラブルを生んだとも言われている。19年の時を経て、納得のマスターとなった一部ニュー・レコーディング音源のため、タイトルも『ザ・リコンストラクション・オブ・ライト』に変更。メインのアートワークも先に発売された『ヘヴン&アース』ボックスにも使用されたPJクルックのイラストを用いたものに変更となった。

<CD>
日本盤のみHQCD仕様。ドラム・パートをパット・マステロットが新規録音に差し替え、ミックスを『ライヴ・イン・メキシコ』のミックスを担当し好評を博したドン・ガンが担当! エイドリアン・ブリューのロック寄りの楽曲と「フラクチャード」、「太陽と戦慄 パート4」といったクリムゾンらしい楽曲そしてこのアルバムのハイライトであり、全クリムゾン楽曲中最も演奏難度が高いと言われている複雑な構築美を誇るタイトル曲が大幅ブラッシュアップされたニューマスターで復活!

<DVDA>
メインパートとして2019年ミックスをステレオと5.1chサラウンドで収録!MLP LOSSLESS 5.1サラウンド(24/48)、DTS 5.1デジタル・サラウンド(24/48)、LPCMステレオ(24/48)フォーマットが用意されている。

オリジナルの『ザ・コンストラクション・オブ・ライト』ステレオ・マスターももちろん同梱。MLP LOSSLESSステレオ(24/48)、LPCMステレオ(24/48)フォーマットで収録。
またボーナス・マテリアルとして当時『ザ・コンストラクション・オブ・ライト』の裏ヴァージョンとして発表された関連作品ProjeKct Xのアルバム『ヘヴン&アース』をLPCMステレオ(24/48)フォーマットで全曲収録。

ダブル紙ジャケット仕様:日本盤40thアニヴァーサリー・シリーズ恒例のダブル・紙ジャケット、今回は新規アートワークとなったPJクルック・イラスト使用の『ザ・リコンストラクション・オブ・ライト』見開きジャケットとオリジナル『ザ・コンストラクション・オブ・ライト』見開きジャケットのダブル仕様。共にE式フォーマット。


(メーカーインフォメーションより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. プロザック・ブルース (ザ・リコンストラクション・オブ・ライト(2019年ミックス))
  • 02. ザ・コンストラクション・オブ・ライト (ザ・リコンストラクション・オブ・ライト(2019年ミックス))
  • 03. イントゥ・ザ・フライング・パン (ザ・リコンストラクション・オブ・ライト(2019年ミックス))
  • 04. フラクチャード (ザ・リコンストラクション・オブ・ライト(2019年ミックス))
  • 05. ザ・ワールズ・マイ・オイスター・スープ・キッチン・フロア・ワックス・ミュージアム (ザ・リコンストラクション・オブ・ライト(2019年ミックス))
  • 06. 太陽と戦慄 パート4 (ザ・リコンストラクション・オブ・ライト(2019年ミックス))
  • 07. コーダ:アイ・ハブ・ア・ドリーム (ザ・リコンストラクション・オブ・ライト(2019年ミックス))
  • 08. ヘヴン・アンド・アース (ザ・リコンストラクション・オブ・ライト(2019年ミックス))
  • 09. プロザック・ブルース (ザ・コンストラクション・オブ・ライト(2000))
  • 10. ザ・コンストラクション・オブ・ライト (ザ・コンストラクション・オブ・ライト(2000))
  • 11. イントゥ・ザ・フライング・パン (ザ・コンストラクション・オブ・ライト(2000))
  • 12. フラクチャード (ザ・コンストラクション・オブ・ライト(2000))
  • 13. ザ・ワールズ・マイ・オイスター・スープ・キッチン・フロア・ワックス・ミュージアム (ザ・コンストラクション・オブ・ライト(2000))
  • 14. 太陽と戦慄 パート4 (ザ・コンストラクション・オブ・ライト(2000))
  • 15. コーダ:アイ・ハブ・ア・ドリーム (ザ・コンストラクション・オブ・ライト(2000))
  • 16. ヘヴン・アンド・アース (ザ・コンストラクション・オブ・ライト(2000))
  • 17. ザ・ビジネス・オブ・プレジャー (プロジェクト X - ヘヴン・アンド・アース) (Additional Material)
  • 18. ハット・イン・ザ・ミドル (プロジェクト X - ヘヴン・アンド・アース) (Additional Material)
  • 19. サイド・ウィンドウ (プロジェクト X - ヘヴン・アンド・アース) (Additional Material)
  • 20. マキシマイザー (プロジェクト X - ヘヴン・アンド・アース) (Additional Material)
  • 21. ストレンジ・イアーズ (エイジング・ラピドリー) (プロジェクト X - ヘヴン・アンド・アース) (Additional Material)
  • 22. オーヴァーヘッド・フロア・マッツ・アンダー・トウ (プロジェクト X - ヘヴン・アンド・アース) (Additional Material)
  • 23. シックス・オクロック (プロジェクト X - ヘヴン・アンド・アース) (Additional Material)
  • 24. スーパーボトムフィーダー (プロジェクト X - ヘヴン・アンド・アース) (Additional Material)
  • 25. ワン・E・アンド (プロジェクト X - ヘヴン・アンド・アース) (Additional Material)
  • 26. トゥー・オークワード・モーメンツ (プロジェクト X - ヘヴン・アンド・アース) (Additional Material)
  • 27. デモリション (プロジェクト X - ヘヴン・アンド・アース) (Additional Material)
  • 28. カンヴァセイション・ピット (プロジェクト X - ヘヴン・アンド・アース) (Additional Material)
  • 29. チン・アライア(中国の祭) (プロジェクト X - ヘヴン・アンド・アース) (Additional Material)
  • 30. ヘヴン・アンド・アース (プロジェクト X - ヘヴン・アンド・アース) (Additional Material)
  • 31. ブリュー・ジェイ・ウェイ

ディスク   2

  • 01. プロザック・ブルース
  • 02. ザ・コンストラクション・オブ・ライト
  • 03. ザ・コンストラクション・オブ・ライト
  • 04. イントゥ・ザ・フライング・パン・イントロ
  • 05. イントゥ・ザ・フライング・パン
  • 06. フラクチャード
  • 07. ザ・ワールズ・マイ・オイスター・スープ・キッチン・フロア・ワックス・ミュージアム
  • 08. 太陽と戦慄 パート4
  • 09. 太陽と戦慄 パート4
  • 10. 太陽と戦慄 パート4
  • 11. コーダ:アイ・ハブ・ア・ドリーム
  • 12. ヘヴン・アンド・アース

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

King Crimson

プログレッシヴ・ロックの代表格として数え上げられるキング・クリムゾン。その中心となるロバート・フリップの独特の思考法や、はっきりとしたテーマを掘り下げた音楽的探求の手法は、現在も他に類をみないスタイルだ。またクリムゾンが伝説として語られる要因は、彼らが現れた60年代後期から70年代初期の時期にかけて、彼らの音楽がロックの概念自体を揺るがすような刺激に満ちていた、ということが挙げられる。

プロフィール詳細へ

King Crimsonに関連するトピックス

おすすめの商品