CD 輸入盤

Live In Guildford, November 13th, 1972

King Crimson (キング・クリムゾン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CLUB24
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
ライブ盤,輸入盤

商品説明

ジェイミー・ミューア在籍のキング・クリムゾンの72年11月13日イングランド/ギルフォード公演の模様を収録したライブCD。
Line-up:
John Wetton / Robert Fripp / David Cross / Bill Bruford / Jamie Muir

(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

  • 01. Larks' Tongues in Aspic (Part I)
  • 02. Book Of Saturday (Daily Games)
  • 03. Improv: All That Glitters Is Not Nail Polish
  • 04. Exiles

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
このラインナップは活動期間が短いので、期...

投稿日:2015/05/22 (金)

このラインナップは活動期間が短いので、期待していました。音はまずまず聴けますが、プッツンと終わってしまい唖然としました。

給料泥棒 さん | 三重県 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

King Crimson

プログレッシヴ・ロックの代表格として数え上げられるキング・クリムゾン。その中心となるロバート・フリップの独特の思考法や、はっきりとしたテーマを掘り下げた音楽的探求の手法は、現在も他に類をみないスタイルだ。またクリムゾンが伝説として語られる要因は、彼らが現れた60年代後期から70年代初期の時期にかけて、彼らの音楽がロックの概念自体を揺るがすような刺激に満ちていた、ということが挙げられる。

プロフィール詳細へ

King Crimsonに関連するトピックス

おすすめの商品