CD 輸入盤

Live At The Marquee, London, July 6th, 1969

King Crimson (キング・クリムゾン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CLUB1
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
CD
その他
:
限定盤, ライブ盤,輸入盤

商品説明

キング・クリムゾンのデビュー間もない69年7月6日ロンドンのクラブ マーキーでのライブの模様を収録したCD。ボーナスには、同年10月17日録音の「Trees」も収録する。
Line-up: Robert Fripp / Michael Giles / Greg Lake / Ian McDonald / Peter Sinfield

(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

  • 01. 21st Century Schizoid Man
  • 02. Drop In
  • 03. I Talk To The Wind
  • 04. Epitaph
  • 05. Travel Weary Capricorn
  • 06. Improv -including Nola and Etude No 7
  • 07. Mars
  • 08. Trees (Bonus track)

ユーザーレビュー

総合評価

★
☆
☆
☆
☆

1.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
隠し録りのようで音質最悪です。よくCD化し...

投稿日:2015/06/28 (日)

隠し録りのようで音質最悪です。よくCD化したものだと思います。 演奏内容以前の問題です。 マニア以外薦められません。

Odein さん | 北海道 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

King Crimson

プログレッシヴ・ロックの代表格として数え上げられるキング・クリムゾン。その中心となるロバート・フリップの独特の思考法や、はっきりとしたテーマを掘り下げた音楽的探求の手法は、現在も他に類をみないスタイルだ。またクリムゾンが伝説として語られる要因は、彼らが現れた60年代後期から70年代初期の時期にかけて、彼らの音楽がロックの概念自体を揺るがすような刺激に満ちていた、ということが挙げられる。

プロフィール詳細へ

King Crimsonに関連するトピックス

おすすめの商品