CD 輸入盤

Larks Tongues In Aspic

King Crimson (キング・クリムゾン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
7
組み枚数
:
1
レーベル
:
Eg
オリジナル盤発売年
:
1973
フォーマット
:
CD

商品説明

キング・クリムゾンが1973年に発表した通算6作目(ブート並の音ながらその衝撃度が今だ語られるライヴ作『アースバウンド』を含むと)で、代表作のひとつ。第三期ニュー・キング・クリムゾンのスタートを飾る作品で、イエスからビル・ブラッフォード、ファミリーからジョン・ウェットン、ヴァイオリンにデヴィッド・クロスを迎えての一枚。エスニックな要素など、ジェイミー・ミューアによるパーカッション・プレイにも注目。

収録曲   

  • 01. Larks' Tongues in Aspic Part One (13:35)
  • 02. Book of Saturday (02:55)
  • 03. Exiles (07:40)
  • 04. Easy Money (07:53)
  • 05. Talking Drum, The (07:25)
  • 06. Larks' Tongues in Aspic Part Two (07:07)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
66
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
4
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
★
★
★
 戦慄のLPを購入した。いろんなバージョン...

投稿日:2014/10/13 (月)

 戦慄のLPを購入した。いろんなバージョンCDが販売されているが、案外LPの方があっさりしていて良い。学生の頃ちょうど、LPとCDの入れ替えの時期で買わずじまいだっので、正直感激、レーベルもポリドールレーベルからアイランドレーベルになっていた。オリジナルに忠実に再現!!?。

聞いた? さん | 不明 | 不明

3
★
★
★
★
★
当時、雑誌「音楽専科」主催のロンドン・ツ...

投稿日:2012/11/25 (日)

当時、雑誌「音楽専科」主催のロンドン・ツアーがありました。幸運な人はキング・クリムゾンのレインボー・シアターの公演を見たはずです。年明けのマーキー公演に足を運んだ人曰く「メンバーは5人のはずだったけれど、出てきたのは4人で激しい音の飛び交うものだった。ロバート・フリップは樵の様なおっさんだった。知っている曲は”21世紀〜”だけだった。」とのこと。このツアーでは、クリムゾンよりも、ウイッシュボーン・アッシュの方が人気が高く、レインボー・シアターよりもマーキー・クラブへ足を運ぶ人の方が多かったのには隔世の感があります。なお、福島編集長は、今野雄二氏と二人でテムズ川に浮かぶ船「ジョン・ボルドリー号」で催されたエルトン・ジョンの誕生パーティーに参加しました。福島さんお元気ですか?

3
★
★
★
☆
☆
 一見力の入ったBox Setですが、CD1〜9...

投稿日:2012/11/25 (日)

 一見力の入ったBox Setですが、CD1〜9は既発と西新宿界隈では知られたもの。価値のあるのはCD10〜15と付録だけという当Set。Live音源もダウンロード可能なレインボーシアター公演が抜けているのもマイナス点。これで後々分売でもされたらさらに星を落としそう。マニア以外はCD+DVDのSetで十分です。でも、CD12と15を満足できる再生環境で聞ける人はどのぐらいいるのでしょうか?

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

King Crimson

プログレッシヴ・ロックの代表格として数え上げられるキング・クリムゾン。その中心となるロバート・フリップの独特の思考法や、はっきりとしたテーマを掘り下げた音楽的探求の手法は、現在も他に類をみないスタイルだ。またクリムゾンが伝説として語られる要因は、彼らが現れた60年代後期から70年代初期の時期にかけて、彼らの音楽がロックの概念自体を揺るがすような刺激に満ちていた、ということが挙げられる。

プロフィール詳細へ

King Crimsonに関連するトピックス

おすすめの商品