CD 輸入盤

Elements Tour Box 2018 (2CD)

King Crimson (キング・クリムゾン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
7889
組み枚数
:
2
レーベル
:
DGM
フォーマット
:
CD
その他
:
デジパック,輸入盤

商品説明

キング・クリムゾンのレアトラック集「The Elements Tour Box」シリーズの2018年最新版。すでに今年のヨーロッパツアーのライヴ会場で先行販売されていた本セットがDGMより一般流通スタート。

1969〜2017年の間に残されたライヴ、デモ、リハーサル、別テイクなど今回も17曲の初CD化音源を収録したコレクタブルな内容。ジャッコ・ジャクジグやギャビン・ハリソンによる「Discipline」「The Errors」「Dawn Song」のデモ音源など最新ラインナップにおけるレアリティもしっかりと収録。24ページブックレット同梱。

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Wind (Extract)
  • 02. The Court of the Crimson King (Instrumental edit section)
  • 03. The Court of the Crimson King (Live 2015)
  • 04. Groon (Take 6)
  • 05. Cirkus (Live 2017)
  • 06. Formentera Lady (Live 1972)
  • 07. Larks' Tongues In Aspic Part I (Live 2016)
  • 08. Doctor Diamond (Live 1973)
  • 09. Red (Live 2016)
  • 10. Discipline (Jakko Jakszyk/Gavin Harrison Demo recording)
  • 11. Neurotica (Live 2017)
  • 12. Funky Jam
  • 13. The Errors (Jakko Jakszyk, Tony Levin & Gavin Harrison Demo recording)
  • 14. Larks' Tongues In Aspic Part IV (Guitars highlighted from original album multi-tracks)
  • 15. Heroes (Radio Edit)

ディスク   2

  • 01. Deception of The Thrush (Robert Fripp: Guitar/Soundscape extract)
  • 02. A Scarcity of Miracles (Live 2015)
  • 03. Prelude: Song of the Gulls (Rehearsal Take)
  • 04. Cadence & Cascade (studio recording, Vocal overdub: Jakko Jakszyk)
  • 05. Book of Saturday (Altnate take)
  • 06. Dawn Song (studio recording, Vocal overdub: Jakko Jakszyk)
  • 07. Interlude (Live 2017)
  • 08. Matte Kudasai (Live 1984)
  • 09. Spenta's Counter Claim (Live 2016)
  • 10. The Night Watch (Extract, elements highlighted from original album multi-tracks)
  • 11. Walking on Air (Live 1995)
  • 12. Peace (Live 2015)
  • 13. Islands (Live 2017)
  • 14. Starless (Extract, element highlighted from original album multi-tracks)
  • 15. Deception of The Thrush (Live 1999)
  • 16. I Talk to the Wind (Original album recording sessions)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

King Crimson

プログレッシヴ・ロックの代表格として数え上げられるキング・クリムゾン。その中心となるロバート・フリップの独特の思考法や、はっきりとしたテーマを掘り下げた音楽的探求の手法は、現在も他に類をみないスタイルだ。またクリムゾンが伝説として語られる要因は、彼らが現れた60年代後期から70年代初期の時期にかけて、彼らの音楽がロックの概念自体を揺るがすような刺激に満ちていた、ということが挙げられる。

プロフィール詳細へ

King Crimsonに関連するトピックス

おすすめの商品