CD

Elements Of King Crimson 2018 Tour Box

King Crimson (キング・クリムゾン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
IECP20269
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

毎年恒例! ツアー・グッズの一環として発売される『ジ・エレメンツ ツアー・ボックス』2018年版登場!

半世紀の年月をかけ進化してきた最後のプログレッシヴ・ロック・サバイバー、キング・クリムゾン、最後のジャパン・ツアーとなる可能性もある“UNCERTAIN TIMES JAPAN TOUR 2018”の公式ガイド音源となるCD2枚組。恒例のDVDケースサイズ・ハード・カバー・ブックスタイルを今年も採用!

毎年、多くの未発表音源、初CD化音源を含み、コレクターズ・アイテムとしても注目を集める人気コンピレーション。2018年版もレア曲を多数収録!
今年は全31曲中初CD化曲17曲(DGM発表による)

毎年のツアーの傾向のプレビューともなっている『ジ・エレメンツ ツアー・ボックス』今年はどうやら、2017年から始まったディシプリン・クリムゾン期楽曲の現メンバーによる新解釈、太陽と戦慄期楽曲のよりマニアックな追求を暗示させる内容となっている。

クリムゾンらしいといえばそれまでだが、毎回、英語が母国語の人間でも読みづらいブックレット・ライナーはクリムゾン・ファンにはお馴染みの上西園誠氏訳の日本語翻訳ブックレットで完全フォロー。『ジ・エレメンツ ツアー・ボックス』を追求していく上では必須のアイテムとなる。

6月13日よりスタートする“UNCERTAIN TIMES TOUR 2018”の最終到達地点となる11月末から始まるジャパン・ツアーの話題もあり、今年の『ジ・エレメンツ ツアー・ボックス』注目度が違います! 結成50周年を迎えたキング・クリムゾン、来日前の注目アイテムです!

■輸入アセンブル仕様(ヨーロッパ製作:CD含む本体、英文ライナー訳日本語ブックレット付き)


(メーカーインフォメーションより)

内容詳細

1969年のデビューから半世紀をかけて進化し続けてきたプログレッシヴ・ロック・サバイバー、キング・クリムゾン。本作は、毎年恒例のツアー・グッズの一環として製作されるボックス。レア曲を多数収録しているほか、ブックレットも充実。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. ウインド (Extract)
  • 02. クリムゾン・キングの宮殿 (Instrumental edit section)
  • 03. リムゾン・キングの宮殿 (ライヴ 2015)
  • 04. グルーン (Take 6)
  • 05. サーカス (ライヴ 2017)
  • 06. フォーメンテラ・レディ (ライヴ 1972)
  • 07. 太陽と戦慄 パート I (ライヴ 2016)
  • 08. ドクター・ダイアモンド (ライヴ 1973)
  • 09. レッド (ライヴ 2016)
  • 10. ディシプリン (ジャッコ・ジャクスジク&ギャビン・ハリソン・デモ・レコーディング)
  • 11. ニューロティカ (ライヴ2017)
  • 12. ファンキー・ジャム
  • 13. ジ・エラーズ (ジャッコ・ジャクスジク、トニー・レヴィン&ギャビン・ハリソン・デモ・レコーディング)
  • 14. 太陽と戦慄 パート IV (Guitars highlighted from original album multi-tracks)
  • 15. ヒーローズ (ラジオ・エディット)

ディスク   2

  • 01. ディセプション・オブ・スラッシュ (Robert Fripp: Guitar/Soundscape extract)
  • 02. ア・スケアシティ・オブ・ミラクル (ライヴ 2015)
  • 03. プレリュード: カモメの歌 (Rehearsal Take)
  • 04. ケイデンスとカスケイズ (スタジオ録音 ヴォーカル・オーヴァーダブ: ジャッコ・ジャクスジク)
  • 05. 土曜日の本 (Alt. take)
  • 06. 夜明けの歌 (スタジオ録音 ヴォーカル・オーヴァーダブ: ジャッコ・ジャクスジク)
  • 07. 間奏曲 (ライヴ 2017)
  • 08. 待ってください (ライヴ 1984)
  • 09. スペンタ・カウンター・クレイム (ライヴ 2016)
  • 10. 夜を支配する人 (Extract, elements highlighted from original album multi-tracks)
  • 11. ウォーキング・オン・エアー (ライヴ 1995)
  • 12. 平和 (ライヴ 2015)
  • 13. アイランズ (ライヴ 2017)
  • 14. スターレス (Extract, element highlighted from original album multi-tracks)
  • 15. ディセプション・オブ・スラッシュ (ライヴ 1999)
  • 16. 風に語りて (オリジナル・アルバム・レコーディング・セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

King Crimson

プログレッシヴ・ロックの代表格として数え上げられるキング・クリムゾン。その中心となるロバート・フリップの独特の思考法や、はっきりとしたテーマを掘り下げた音楽的探求の手法は、現在も他に類をみないスタイルだ。またクリムゾンが伝説として語られる要因は、彼らが現れた60年代後期から70年代初期の時期にかけて、彼らの音楽がロックの概念自体を揺るがすような刺激に満ちていた、ということが挙げられる。

プロフィール詳細へ

King Crimsonに関連するトピックス

おすすめの商品