CD 輸入盤

Construktion Of Light

King Crimson (キング・クリムゾン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
49261
組み枚数
:
1
レーベル
:
オリジナル盤発売年
:
2000
フォーマット
:
CD

商品説明

クリムゾン5年ぶりの新作。前作『スラック』時の6人のメンバーを4通りの組み合わせで再編したユニット、"プロジェクト(Projekct)" を経て、遂に次世代クリムゾンがそのヴェールを脱いだ。メンバーはロバート翁(g.)にエイドリアン・ブリュー(g./vo.)、トレイ・ガン(touch g.)、パット・マステロット(ds.)。70年代、80年代、90年代を生き抜き、(そういえば90年代には衝撃的な初期ライヴ音源の幾つかのCDリリースもあった)ロバート・フリップ、クリムゾンだけにそれらの時代からの良質な部分を抽出しながら、"今"のクリムゾンを聴かせます。ケミカルなアンサンブルの生成とそのあとづけ理論は、気まぐれとか頑固とか言われながらも一貫するクリムゾンのキモ。安易な伝統主義に安住せず、プログレッシヴを字義通り"進化"と捉えてもいいような、スタイルの革新にかける、という幻想を許容する器・精神(もともとはそれが60年代末サイケ辺りから始まるロックの伝統)を持ち合わせているベテラン(もちろん迷走・メンバー変更ありですが)は、やはりそうそう居ない。関係ないけど、サウンド至上主義的なテクノや音響系/ポスト・ロックみたいなバンドを聴いてる若いリスナーには、理屈はともかくこの音はどう響くのでしょうか?

収録曲   

  • 01. Prozakc Blues
  • 02. Construkction Of Light
  • 03. Into The Frying Pan
  • 04. Frakctured
  • 05. World's My Oyste Soup Kitchen Floor Wax Museum
  • 06. Lark's Tongue In Aspic (Part W)
  • 07. I Have A Dream (Coda)
  • 08. Heaven And Earth
  • 09. Larks' Tongues In Acpic (Part III)
  • 10. I Have A Dream (Coda)
  • 11. Heaven And Earth (Projekct X)

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
6
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
すごい演奏なんですが、曲ではなく「環境音...

投稿日:2009/02/12 (木)

すごい演奏なんですが、曲ではなく「環境音」のようで、聴いた後の印象も薄いです。 前作と次作の方が印象深く、曲として構築された音の迫力を感じました。 上のHMVレビューの意味が良く分からないのですが、まあ…そういう作品だったのかなと思います。

Star-B さん |   | 不明

0
★
★
★
★
★
クリムゾン30年の歴史から無駄な要素を排除...

投稿日:2006/07/13 (木)

クリムゾン30年の歴史から無駄な要素を排除し最良の部分を濃縮した最高傑作。作曲、演奏共に最高水準。21世紀の精神異常者達には情緒や甘ったるい感傷は不要。虚無とエネルギーと破壊衝動、そして乾いたユーモアだけがあればいい。

荒野の追放者 さん | 日本 | 不明

0
★
★
★
★
★
長い曲に浸りたい方、多少難解なものを求め...

投稿日:2006/06/11 (日)

長い曲に浸りたい方、多少難解なものを求める方、オッサンのちょっとしたユーモアに付き合いたい方、何だか壮大な気分の方…お薦めですよ。

こまきの さん | 宮城県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

King Crimson

プログレッシヴ・ロックの代表格として数え上げられるキング・クリムゾン。その中心となるロバート・フリップの独特の思考法や、はっきりとしたテーマを掘り下げた音楽的探求の手法は、現在も他に類をみないスタイルだ。またクリムゾンが伝説として語られる要因は、彼らが現れた60年代後期から70年代初期の時期にかけて、彼らの音楽がロックの概念自体を揺るがすような刺激に満ちていた、ということが挙げられる。

プロフィール詳細へ

King Crimsonに関連するトピックス

おすすめの商品