CD

Collectors King Crimson Box 3 -1972-1974

King Crimson (キング・クリムゾン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
IECP20076
組み枚数
:
6
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
ボックスコレクション

商品説明

1972-1974 アルバム『太陽と戦慄』から『レッド』に至るジョン・ウェットン、ビル・ブラッフォード在籍時の音源5作品を収めたもの。

D-1&2: LIVE AT ZOOM CLUB Oct 13, 1972 (2CD) ライヴ・アット・ズーム・クラブ
CD-1 1. Larks’ Tongues In Aspic (Part I)  2. Book Of Saturday  3. Zoom  4. Improv: Zoom Zoom
CD-2 1. Easy Money 2. Improv: Fallen Angel 3. Improv: Z’Zoom 4. Exiles 5. The Talking Drum 6. Larks’ Tongues In Aspic (Part II)      (旧Club 20)


CD-3: THE BEAT CLUB, BREMEN Oct 17, 1972 ザ・ビート・クラブ・ブレーメン 1972
1. Improv: The Rich Tapestry Of Life  2. Exiles 3. Larks’ Tongues In aspic (Part I)
(旧Club 3)*モノラル録音

CD-4: LIVE IN GUILDFORD Nov 13, 1972 ライヴ・イン・ギルフォード
1. Larks’ Tongues In aspic (Part I)  2. Book Of Saturday (Daily Games)
3. Improv: All That Glitters Is Not Nail Polish  4. Exiles    (旧Club 24)

CD5: LIVE IN MAINZ March 30, 1974 ライヴ・イン・マインツ
1. Improv:The Savage  2. Dr.Diamond  3. Improv:Arabica 4. Exiles 5. Improv:Atria  6. The Night Watch 7. Starless 8. Lament  9. Improv:Trio  10. Easy Money
(旧Club 15)

CD6: LIVE IN CENTRAL PARK ,NYC July 1, 1974 
ライヴ・イン・セントラル・パーク1974
1. Walk On…No Pussyfooting 2. 21st Century Schizoid Man 3. Lament 4. Exiles 5. Improv:Cerberus 6. Easy Money 7. Fracture 8. Starless 9.The Talking Drum   (旧Club 10)

内容詳細

イギリスのプログレッシヴ・ロック・バンド、キング・クリムゾンの2007年9月発表のボックス・シリーズのうちの1作。1972〜74年、ジョン・ウェットンやビル・ブラッドフォードが参加した時代のライヴの興奮がここに甦る。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. LARKS' TONGUES IN ASPIC (PART T)
  • 02. BOOK OF SATURDAY
  • 03. ZOOM
  • 04. IMPROV:ZOOM ZOOM

ディスク   2

  • 01. EASY MONEY
  • 02. IMPROV:FALLEN ANGEL
  • 03. IMPROV:Z' ZOOM
  • 04. EXILES
  • 05. THE TALKING DRUM
  • 06. LARK'S TONGUES IN ASPIC (PART U)

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

2.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
あの手この手で次から次へとリスナーの懐を...

投稿日:2007/11/15 (木)

あの手この手で次から次へとリスナーの懐を攻めてくるフィリップ御大ですが、ジョンさんの言うように、買ったあとに1回聞くとそれで2度と聞かないことが殆どなんだよね。繰り返し聞いたのは、紅伝説やDECEIVERが出た時期かな。それからは食傷気味で。作品としてはいいのだろうけど、販売戦略としては疑問だし付き合いきれないな。

フリップ さん | 埼玉県 | 不明

0
★
☆
☆
☆
☆
こんなのばっかり出すんだね。コレクター諸...

投稿日:2007/09/06 (木)

こんなのばっかり出すんだね。コレクター諸氏は大変ですな。私も集めまくっていたけれど、もう買わない。第一、買えたという満足だけで、ろくすっぽ聴かないもの。ロバート君、ご苦労様。

ジョン さん | 広島県 | 不明

1
★
★
★
★
★
欠損部分があるものの、CD-4はKCライヴ音源...

投稿日:2007/08/01 (水)

欠損部分があるものの、CD-4はKCライヴ音源のひとつの頂点だろう。

精神異常者 さん | 21世紀 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

King Crimson

プログレッシヴ・ロックの代表格として数え上げられるキング・クリムゾン。その中心となるロバート・フリップの独特の思考法や、はっきりとしたテーマを掘り下げた音楽的探求の手法は、現在も他に類をみないスタイルだ。またクリムゾンが伝説として語られる要因は、彼らが現れた60年代後期から70年代初期の時期にかけて、彼らの音楽がロックの概念自体を揺るがすような刺激に満ちていた、ということが挙げられる。

プロフィール詳細へ

King Crimsonに関連するトピックス

おすすめの商品