CD

Collectors Club 1973年5月6日 パレス シアター ウォーターベリー CT

King Crimson (キング・クリムゾン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
IECP30053
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

2019年、デビュー50周年を迎えるキング・クリムゾン。1969年のデビュー時から今日至るまで膨大な音源を有するザ・キング・クリムゾン・コレクターズ・クラブから定番音源、レア音源を紹介する50周年記念企画!

オーディエンス録音ながら安定した音源。’73年USツアーの重要音源

ヨーロッパ・ツアーを終え、1972年2月以来となる久々のUSツアーをスタートさせたクリムゾン。これはその序盤戦の記録。オーディエンス録音ながら安定した音質で、全体のバランスも良好。会場アンビエントもしっかり捉えられている。この時期の「太陽と戦慄 パート1」はライヴ専用アレンジがあり、途中、ウェットンのベース・ソロが入るタイプ。この年の秋以降になるとソロなしのライト・ヴァージョンとなるのでこのタイプの「太陽と戦慄 パート1」はこの時期限定型。

1973年ツアー音源は秋以降は『暗黒の世界』制作のためのライヴ・レコーディングがありマルチトラック音源もあるが、この前半戦は全体的に低調。’73年から’74年のオープニングとなることが多かった「Dr. ダイアモンド」もこの日は安定した音質で記録されている。

この日のハイライトは二つのインプロヴィゼーション。1はフリップのサスティーンを効かせたソロとクロスのヴァイオリンをフィーチュアしたクワイエット・タイプ。2は1同様静かな立ち上がりから、エネルギッシュなロック・ジャムに展開、再びヴァイオリンがまどろみの時間帯を作り、再びウェットンのベースが全体を引っ張るヘヴィな展開へと目まぐるしく変化する。


(メーカーインフォメーションより)

内容詳細

キング・クリムゾンのデビュー50周年企画ライヴ盤。1973年のUSツアー序盤戦の記録で、この時期の「太陽と戦慄 パート1」は途中ジョン・ウェットンのベース・ソロが入っている。2つのインプロヴィゼーションも聴きものだ。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

King Crimson

プログレッシヴ・ロックの代表格として数え上げられるキング・クリムゾン。その中心となるロバート・フリップの独特の思考法や、はっきりとしたテーマを掘り下げた音楽的探求の手法は、現在も他に類をみないスタイルだ。またクリムゾンが伝説として語られる要因は、彼らが現れた60年代後期から70年代初期の時期にかけて、彼らの音楽がロックの概念自体を揺るがすような刺激に満ちていた、ということが挙げられる。

プロフィール詳細へ

King Crimsonに関連するトピックス

おすすめの商品