CD

Collectors Club 1972年3月14日 サウンドトラック デンヴァー CO

King Crimson (キング・クリムゾン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
IECP30048
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

2019年、デビュー50周年を迎えるキング・クリムゾン。1969年のデビュー時から今日至るまで膨大な音源を有するザ・キング・クリムゾン・コレクターズ・クラブから定番音源、レア音源を紹介する50周年記念企画!

1972年『アースバウンド』ツアーではレア曲だった「ザ・レターズ」を安定音質で収録!

アルバム『アイランズ』の中で最もダークな収録曲「ザ・レターズ」。デビュー当時からのレパートリーだった「ドロップ・イン」の改作。まるで嫌ミスのような歌詞が不気味なことから『アースバウンド』ツアーではほとんど演奏されなかったナンバー。初CD化。

コレクターズ・クラブ・アーカイヴにあっても「ザ・レターズ」はこのデンヴァー公演二日間と『セイラーズ・テールズ』ボックスで初登場した公演日不明公演の計3公演しか存在していない。サウンドボードからのカセットテープ録音を基にした音源。ピッツバーグ公演に比べるとドライで会場の雰囲気は分かりにくいが、この時代のものとしては安定している。


(メーカーインフォメーションより)

内容詳細

キング・クリムゾンの定番&レア音源を紹介するシリーズの、デビュー50周年記念企画盤。不気味な歌詞であることから、ツアーではほとんど披露されることがなかったという「ザ・レターズ」を含むセットリストを楽しめる。(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

King Crimson

プログレッシヴ・ロックの代表格として数え上げられるキング・クリムゾン。その中心となるロバート・フリップの独特の思考法や、はっきりとしたテーマを掘り下げた音楽的探求の手法は、現在も他に類をみないスタイルだ。またクリムゾンが伝説として語られる要因は、彼らが現れた60年代後期から70年代初期の時期にかけて、彼らの音楽がロックの概念自体を揺るがすような刺激に満ちていた、ということが挙げられる。

プロフィール詳細へ

King Crimsonに関連するトピックス

おすすめの商品