CD

Collectors Club 1969年11月21, 22日 フィルモア イースト

King Crimson (キング・クリムゾン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
IECP50021
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

アルバム・デビュー直後だというのに早くも壊れていくバンド。急激な人気上昇の影でEL&P結成に向けキース・エマーソンと急接近していくグレッグ・レイク、バンドの音楽性に疑問を投げかけるイアン・マクドナルド、なんとかバンドを維持しようと必死に持ちこたえるロバート・フリップ。崩壊の予兆ともいうべき荒ぶるプログレッシヴ・ジャズ・ロック・サウンドが炸裂するハイテンション・パフォーマンス!
ニューヨークの伝説的ライヴ・ベニュー、フィルモア・イースト2公演を収めたコレクターズ・クラブ屈指の人気アイテム!
オリジナル・クリムゾン最後のスタジオ録音作となる『ポセイドンのめざめ』に収録される「冷たい街の情景」の初期ヴァージョン「ア・マン・ア・シティ」2ヴァージョンは必聴!

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

プログレッシヴ・ロックの代表格、キング・クリムゾンのライヴ盤。1969年11月21日、22日に行なわれたニューヨークのフィルモア・イーストでの模様で、デビュー直後ながら早くも壊れていくバンドの予兆と取れる、荒ぶるサウンドが聴きものだ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

King Crimson

プログレッシヴ・ロックの代表格として数え上げられるキング・クリムゾン。その中心となるロバート・フリップの独特の思考法や、はっきりとしたテーマを掘り下げた音楽的探求の手法は、現在も他に類をみないスタイルだ。またクリムゾンが伝説として語られる要因は、彼らが現れた60年代後期から70年代初期の時期にかけて、彼らの音楽がロックの概念自体を揺るがすような刺激に満ちていた、ということが挙げられる。

プロフィール詳細へ

King Crimsonに関連するトピックス

おすすめの商品