LPレコード

Beat (200グラム重量盤レコード)

King Crimson (キング・クリムゾン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
IEPS9
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
LPレコード

商品説明

※曲目が変更になる場合がございます。ご了承ください。

結成50周年を記念したアニバーサリー・イヤー企画「KC50」が始動
200グラム重量盤アナログレコード
(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

  • 01. Neal and Jack and Me/ニール・アンド・ジャック・アンド・ミー
  • 02. Heartbeat/ハートビート
  • 03. Sartori in Tangier/サートリ・イン・タンジール
  • 04. Waiting Man/ウェイティング・マン/
  • 05. Neurotica/ニューロティカ/
  • 06. Two Hands/ 2つの手
  • 07. The Howler/ザ・ハウラー
  • 08. Requiem/レクイエム

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
4
★
★
★
☆
☆
 
5
★
★
☆
☆
☆
 
3
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
目の前にあれば聴くし、無ければずっと聴か...

投稿日:2009/03/07 (土)

目の前にあれば聴くし、無ければずっと聴かない。そんな作品だけど、@だけは傑作だし、このラインナップで一番好きな曲です。初期CDでは@でも音揺れがあったけど、いつのまにか解消していました。 KCにしてはやっつけ感が漂っているものの、悪くない内容だと今でも思います。

オーディオ・ファン さん |   | 不明

0
★
★
★
☆
☆
BLONDIEやTHE ORBのメンバー、D・シルヴィ...

投稿日:2007/07/23 (月)

BLONDIEやTHE ORBのメンバー、D・シルヴィアンなど有名ながらいっぷう変わった仕事をするミュージシャンとの共演を好むフリップはおそらく“メインストリーム”へのこだわりを棄て切れないのだろうな(だからこそKCは忘れられずに新譜や未発表音源を出せるのだろうが)。そんな彼の、熱狂的ファンからすると「好ましくない路線」が本作から今日まで踏襲されることとなった。

精神異常者 さん | 21世紀 | 不明

0
★
★
☆
☆
☆
とりわけ夏に聴きたくなる、そういう意見が...

投稿日:2007/01/30 (火)

とりわけ夏に聴きたくなる、そういう意見が過去にあったがそれもそのはずで舞台設定がモロッコのタンジール、地中海なのだから。まァ、昼寝か車中のBGMには向いていると思う。

6789 さん | 10 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

King Crimson

プログレッシヴ・ロックの代表格として数え上げられるキング・クリムゾン。その中心となるロバート・フリップの独特の思考法や、はっきりとしたテーマを掘り下げた音楽的探求の手法は、現在も他に類をみないスタイルだ。またクリムゾンが伝説として語られる要因は、彼らが現れた60年代後期から70年代初期の時期にかけて、彼らの音楽がロックの概念自体を揺るがすような刺激に満ちていた、ということが挙げられる。

プロフィール詳細へ

King Crimsonに関連するトピックス

おすすめの商品