CD

1982年8月5日 パレス デ ネイションズ モントリオール カナダ

King Crimson (キング・クリムゾン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
IECP30059
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ライヴ・アルバム作成の予定もあった関係で、1982年『ビート』ツアーはサウンドボード音源が複数残されているが、この音源は8トラック・マルチで録音されながらもその後長い間DGMの倉庫に眠ったままになっていたマスター・テープからクラブ・アーカイヴ用に新規でトラックダウンが行われた音源。現在のテクノロジーを用いた2chステレオ新マスターのため、この時期のマルチトラックからのステレオ・マスターに比べ迫力があり、音質も良好! 残念ながら当日演奏されたものの未収録の曲やカットはあるものの、そのかわりと言ってはなんだが、CD1のトラック1に当日のサウンドチェックの模様を27分強収録! CD2枚で2時間を超えるこのシリーズ最長音源となっている点にも注目!

『ビート』収録のスタジオ盤に比べファンク度が大きく増している「ウェイティング・マン」はこの年独自のノリがあり、ファンは必聴。このツアー以降は演奏されなくなる「ザ・ハウラー」や完成ヴァージョンとして演奏される「ニール・アンド・ジャック・アンド・ミー」など’82年ツアー固有の特徴を持つ楽曲が高音質で楽しめる音源だ!


(メーカーインフォメーションより)

内容詳細

マスター・テープからクラブ・アーカイヴ用にトラックダウンが行われた音源で構成されたアルバム。「Waiting Man」「The Howler」「The Sheltering Sky」などを収録している。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Sound Check
  • 02. Waiting Man
  • 03. Thela Hun Ginjeet
  • 04. Red
  • 05. The Howler
  • 06. Frame By Frame*

ディスク   2

  • 01. The Sheltering Sky
  • 02. Neal And Jack And Me
  • 03. Discipline
  • 04. Neurotica
  • 05. Elephant Talk
  • 06. Indiscipline
  • 07. Heartbeat
  • 08. Sartori In Tangier
  • 09. Larks' Tongues In Aspic Pt II

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

King Crimson

プログレッシヴ・ロックの代表格として数え上げられるキング・クリムゾン。その中心となるロバート・フリップの独特の思考法や、はっきりとしたテーマを掘り下げた音楽的探求の手法は、現在も他に類をみないスタイルだ。またクリムゾンが伝説として語られる要因は、彼らが現れた60年代後期から70年代初期の時期にかけて、彼らの音楽がロックの概念自体を揺るがすような刺激に満ちていた、ということが挙げられる。

プロフィール詳細へ

King Crimsonに関連するトピックス

おすすめの商品