CD

ライヴ・イン・ウィーン 2016+ライヴ・イン・ジャパン 2015 (3CD)

King Crimson (キング・クリムゾン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
IECP10346
組み枚数
:
3
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

世界中で日本盤のみが『ライヴ・イン・ウィーン』ではなく『ライヴ・イン・ウィーン+ライヴ・イン・ジャパン2015』。日本独占パワー・アップ・パッケージで発売決定!

KC2016年ツアーからライヴ音源!2016年11月31日、12月1日に行われたウィーン公演より12月1日(現在作業中で現状では12月1日のほうを使うという話)のライヴ+ボーナス・トラックを収録したヒット作『ラディカル・アクション』のパート2ともいえる作品。

しかも本作は海外盤の内容に日本盤のみの追加ライヴ・トラックを追加した日本盤オリジナル仕様で発売!

日本盤のみに収録されるのは2015年ジャパン・ツアーから東京・渋谷オーチャード・ホール6公演からセレクトされたライヴ・トラック。DGMのエンジニア・チームが現在、東京6公演のマスター・テープを検証中。2015年ツアーでも同一都市で最も多い集客数となった東京公演に集まったファン全てのファンのメモリアル・アイテムになるよう、また『ラディカル・アクション』を文字通り真摯な姿勢で受け止めてくれた日本のリスナー全てへの感謝を込め、東京単独ではなく全6公演全てを精査し、DGMチームがベスト・オブ・東京ショウズをチョイス中!

CD枚数は海外盤同様3枚だが、日本盤オリジナル仕様は海外盤収録内容をCD1、CD2に詰め込み、CD3に『ライヴ・イン・ジャパン2015』を収録。『ライヴ・イン・ジャパン2015』には東京6公演から選ばれた全10曲が収録される予定になっている。まさに日本盤用ボーナス・トラックを越えた超強力エクパンデッド・ヴァージョンとなる。

本体である『ライヴ・イン・ウィーン2016』は12月1日公演を収録(予定)。2015年ツアーでは演奏されていない『リザード』からのナンバー、またロバート・フリップからデヴィッド・ボウイ追悼の意を込めアンコールで演奏された「ヒーローズ」も収録。
1970年代から日本でもプログレッシヴ・ロック・ジャンルのトップ・バンドとしての地位を確立し現在に至る彼ら。これまでも日本発売時のボーナス・トラック追加等はあったが、ここまでBIGな日本独自企画は稀! 海外盤とアートワークは同じでも中身の濃さは全く違う。これは世界で一番濃い日本のKCファンだけに贈られたキング・クリムゾンからのプレゼントなのだ!

※曲目・詳細は変更になる場合もあります。予めご了承ください。※

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

プログレッシヴ・ロックの代表格、キング・クリムゾンのライヴ・アルバム。2016年のウィーン公演と2015年の東京公演をセットにしたもので、『リザード』からのナンバーほか、デヴィッド・ボウイ追悼のために演奏された「ヒーローズ」も聴ける。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

King Crimson

プログレッシヴ・ロックの代表格として数え上げられるキング・クリムゾン。その中心となるロバート・フリップの独特の思考法や、はっきりとしたテーマを掘り下げた音楽的探求の手法は、現在も他に類をみないスタイルだ。またクリムゾンが伝説として語られる要因は、彼らが現れた60年代後期から70年代初期の時期にかけて、彼らの音楽がロックの概念自体を揺るがすような刺激に満ちていた、ということが挙げられる。

プロフィール詳細へ

King Crimsonに関連するトピックス

おすすめの商品