LPレコード 輸入盤

At The Five Spot Cafe (アナログレコード/Jeanne Dielman)

Kenny Burrell (ケニー・バレル)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
JD124
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
輸入盤

収録曲   

  • 01. Birks' Works
  • 02. Hallelujah
  • 03. Lady Be Good
  • 04. Lover Man
  • 05. 36-23-36

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
1曲目、ガレスピー作曲のブルースが、ブル...

投稿日:2009/05/27 (水)

1曲目、ガレスピー作曲のブルースが、ブルージーで渋い。ティナ・ブルックスのテナーも、バレルをたてて、控え目。アルバム後半は、ティナ・ブルックスが外れ、カルテット演奏になっている。バレルのギターを楽しむなら、アルバム後半か。ダメロン作「イフ・ユー・クッド・シー・ミー・ナウ」のギターの音色が、ロマンティック。ピアノでは、アルバム後半の参加がローランド・ハナだが、ブルーノート盤に参加するのは希少か。

セバスちゃん さん | 香川県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
初期バレルの傑作。この時代のブルーノート...

投稿日:2007/09/24 (月)

初期バレルの傑作。この時代のブルーノートのライブ盤は全て要チェック。ティナ・ブルックスのライブは数少ないのでこれも貴重。ブルージーなメロディと魅惑的な音色は健在。ギターと生々しくからみます。

PRESIO さん | 不明

1
★
★
★
★
☆
Birks works と Lover manの二曲は、最高!...

投稿日:2006/09/24 (日)

Birks works と Lover manの二曲は、最高!で評価できます。バレルはもちろん、テナーのティナブルックス、ピアノのボビィーティモンズ、ブルージーな演奏がすばらしいです。またドラムのアートブレーキーはファンキーなイメージの強い人ですが、ここでは、さりげないノリのよさを出しています。真夜中の落ち着きながらも、じわっとした高揚感の得られる、良ライブといつた所でしょうか。

jazzoo さん | 静岡県 | 不明

1

Kenny Burrellに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品