ウチら棺桶まで永遠のランウェイ

Kemio

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784040657288
ISBN 10 : 4040657284
フォーマット
出版社
発行年月
2019年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
kemio ,  
追加情報
:
208p;19

内容詳細

毎日が「口から文化祭」状態! SNSやYouTubeの発信にとどまらず、歌手、モデルとしても活躍。
独自のボキャブラリーや、「意外に深い」名言で若者の支持を集めるkemioによる待望のエッセイです!
もともとポジティブだったわけじゃない。物心がつく前に両親が亡くなって、「当たり前」なんてわからないし、
クラスでは「変な人」扱いされて、無視されたこともあった。
芸能界に憧れたけど、オーディションには落ち続けて、自信をなくしたことも数えきれないほど。
だけど人生は環境じゃなくて、すべてやり方次第。自分でカスタムした武器で、この世の中を生き抜いていく!
人間関係や将来、恋愛・・・・・・目の前のあなたの悩みを、新機軸に吹き飛ばせる痛快な1冊です。

●kemio:YouTubeをはじめ、Instagram、Twitterなどを含めフォロワーが約300万人。女子中高生はもちろん、近年では大人からの支持も厚く、SNS社会で最も注目されるクリエイターとして大人気に。高校時代に動画アプリ・Vineで発信した投稿で注目を集め、2018年に生活拠点をアメリカへ。卓越したワードセンスで繰り出す「あげみざわ」などの独自の語彙も親しまれ、若い世代に浸透中。流行語を生み出し続ける世界規模のスターとして、モデルや発信者、歌手として多岐に活躍している。


[目次]
1章―私の、私だけの人生
引かれたレールを走るだけなんてガラケーちっくじゃね?

2章―人間関係わんこそば
私を泣かせる相手に恨みはないの、強くしてくれてありがとうなの

3章―恋なんて、、
一生 #出口の見えないカンバセーション だわ

4章―ウチら棺桶まで永遠のランウェイ
知恵とか勇気とかなんでもいいから、自分でカスタムした武器で世界を壊してこ

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 真香 さん

    kemioさん、正直あまり詳しく知らなかったのだけど、書店で見つけてインパクト大なタイトルにズキューンときて、読んでみたくなった。失礼ながらすごい勝手なイメージで、ペラい内容なのかなーなんて思っていたけど、とんでもなかった。面白かったです。ブレない考え方や生き方が濃くて素敵だし、何よりこの独創的な言葉遣いが斬新で、面白さを更にアップさせてる。彼風のノリで要約するなら「とりまポジティブに、ウチら戦友同士一緒に病んで戦って、棺桶まで最高のランウェイを歩んでいこ!」的な。パワーをもらえて元気になれる本。

  • いく☺︎ さん

    10コ以上下の子の言葉がグサグサ突き刺さる。この子の人生はカラフルだな。モノクロも有りの色彩豊かな人生。同年代の時にけみおくんの言葉に出会いたかったし、心揺れまくり世代の息子にも読んでほしい。あらふぉーだって負けないけどな!「継続と努力は自分を盛るための最強アイテムでしかない 。」って一生心に刻むやつ。まじ継続と努力大事だよねー。

  • ふっかー復活委員長 さん

    序盤は「子育てROUND2」「人間関係わんこそば」とウマウマワードのリオパレードで、軽くジェラるシャドウ化しそうだった。新しい言葉を作れる人、生きざまが新しい言葉になる人は誰であろうとライバルなので(笑)。でも読み終わる頃には、なんなら一緒にランナウェイしたい、芋臭いオッサンだけどイェイイェイ言わせてよって思わされてしまった。最終読書歴『ぐりとぐら』でも、こんな素晴らしい本が出せるんだぜ堂島ロール。

  • るな さん

    とても軽いノリと文章だけど、内容は至極マジメでマトモ。10代の迷える子羊たちには、人生の良き指南書になるかと思う。

  • なかひと さん

    私も夢をあきらめたくないと思いました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

Kemioに関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品