SHM-CD

Standards Vol.1

Keith Jarrett (キース・ジャレット)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCU5709
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

商品説明

【SHM-CD】【新規ライナーノーツ】【再販商品】
ジャズレーベルの宝庫、ユニバーサルミュージックが満を持してお届けする究極の新カタログシリーズ「ジャズ百貨店」。各レーベル、選び抜いた超名盤をシリーズ化!
<商品詳細>
それまでオリジナル曲を中心に演奏していたキース・ジャレットが、ゲイリー・ピーコック、ジャック・ディジョネットという究極のメンバーと共に、初めて本格的にスタンダード・ナンバーに取り組んだ1枚。現代ジャズ・ピアノ・トリオの礎を築いた歴史的傑作としても特筆される。

(メーカー・インフォメーションより)

内容詳細

オリジナル曲を中心に演奏して来たジャレットが、初めてスタンダードに特化した83年のアルバム。以降ピーコックとディジョネットによるこの“スタンダーズ・トリオ”は人気を博し名盤を数多く生む。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
歴史的名盤。リマスター望む!

投稿日:2016/03/03 (木)

歴史的名盤。リマスター望む!

ホーぺ さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
キースの今日に続く黄金トリオの原点。文句...

投稿日:2006/02/14 (火)

キースの今日に続く黄金トリオの原点。文句なしの傑作!最近の成熟した達観的な演奏(それらの枯れた良さももちろんいい)に比べ、この頃は本当に瑞々しくフレッシュ!特にゴスペル調の「ゴッド・ブレス〜」は長い曲なのに飽きさせず、何度聞いても泣けます。彼の持ち味のアメリカン・フォーク的な土臭さがいい味を出しています。個人的にはこの路線の曲だけを集めたソロが聞きたい!

武蔵野JAZZくらぶ さん | 東京 | 不明

2
★
★
★
★
★
 大学時代、部室のミニコンポでこの盤を聴...

投稿日:2002/12/06 (金)

 大学時代、部室のミニコンポでこの盤を聴いた時、むさ苦しい室内の空気がびっくりするくらいさわやかに感じられました。でもVol.2のほうが好きです。

あわび さん | 大阪府 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Keith Jarrett

1990年代中盤過ぎ、精神的なプレッシャーから、立ち止まったキースだが、『Melody At Night With You』で見事復活、さらに2000年にはパリでのスタンダード・トリオによるライブ盤『Whisper Not』を発表する。確かに、かつての氷を凍らせるようなハイテンションと、鼓膜を緊張させる美しいピアニズムにはまだ遠いが、キースの持ち味を十分に発揮した演奏は、21世紀に向かって彼の新し

プロフィール詳細へ

Keith Jarrettに関連するトピックス

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品