CD

KICK!

KICK THE CAN CREW

基本情報

カタログNo
:
VICL64834
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
通常盤

商品説明

KICK THE CAN CREW、約14年ぶりの、待望のニューアルバム!

KICK THE CAN CREW、『GOOD MUSIC』(2004.1.1) 以来、約14年ぶりの、待望のニューアルバムが発売決定! KICK THE CAN CREW(以下、KTCC)は1997年KREVA,LITTLE、MCUの3MCで結成されたヒップホップグループ。2001年シングル「スーパーオリジナル」でデビュー。これまでにシングル15枚、アルバム3枚をリリース。「アンバランス」「イツナロウバ」「クリスマス・イブRap」「マルシェ」と数々のヒット曲を生み出し、2002年には紅白歌合戦に出場。その活躍は日本において「HIP HOP」をメジャーシーンに定着させる大きな原動力となった。 そんなKTCCだが、2004年6月、人気絶好調の中活動休止を発表。その後は個々のソロ活動に専念していたが、2014年夏、何の前触れもなく「ROCK IN JAPAN FES 2014」にKTCCが出演。その報道はYahoo!トップニュースになるなど各所で反響をまきおこすことに。 ライブ活動はその後も行われるも、新作のアナウンスはこれまでなかったが、2017年、KTCC結成20年という節目をきっかけに14年ぶりの新作レコーディングがスタート!

今作にはKTCCを知る人であれば誰もが「キターッ!」と思い、自然に気持ちが上がってくるようなポップ、かつ、ストレートに響く熱い歌詞が印象的な、まさにキックにしかできない深みを持ったナンバー「千%」(読み:センパーセント)を含む全10曲が収録。長年のソロ活動を経て、それぞれの個性を磨き、再集結した元祖HIP HOPイノベータ―“KICK THE CAN CREW” の3MCが織りなす全知全能、無敵のオリジナルアルバムが遂に登場!


(メーカーインフォメーションより)

内容詳細

2004年に活動休止から復活してアルバムをリリース。待った甲斐のある快作となっている。オールドスクールへのリスペクトを保ちながらも、新たな試みも随所に見られ、完成度も申し分なく高い。個々のソロ活動の積み上げがグループにも還元されている印象で、余裕と貫禄が感じられる。 (有)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

KICK THE CAN CREW

By Phar The DopestのKREVA(相方はCue Zero)、Radical FreaksのMCU(東京U家族代表) 、DJ SHUHOらとともにソロMCとして活動していたLITTLEの3人が、1996年12月発売のヒップホップ・コンピレーション盤「BEST OF JAPANESE HIP HOP 7」に収録された楽曲「カンケリ」で集まり初コラボレート。その流れから必然的にキック結成

プロフィール詳細へ

KICK THE CAN CREWに関連するトピックス

ヒップホップ/レゲエ に関連する商品情報

おすすめの商品