CD 輸入盤

Estar De Camison

Julieta Sabanes

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ARRIBA01
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
South America
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

アルゼンチンのSSW、フリエタ・サバネス
オルガのロヘル・デラーヤがプロデュースを手がけた、なごなご系トイ・サウンドを詰め込んだデビュー作



女の子の好きなもの−−−ぬいぐるみ、本、カメラ、ピクニック、花柄などなど、”かわいい”と言えるいろんなのものを詰め込んだ、フリエタ・サバネスのデビューアルバムです。永遠の女子たちに贈る、なごなご系サウンド。それは、日曜のブランチタイムのまったり感、飾らなくてもいいくつろぎの時間を与えてくれます。

フリエタ・サバネスは、アルゼンチンはブエノスアイレスの郊外の町、バンフィエルドに生まれ育ちました。彼女が音楽活動を開始したのは、2007年。翌年には、様々な音楽活動を通じて、各方面から高い支持を受け、アルゼンチンやフランスのコンピレーションにも選出されています。

「エスタール・デ・カミソン」とは、そもそも「部屋着でいる=ゆったりしている」という意意味ですが、実はフリエタの言葉遊びで、「スターなのに、部屋着を着ている」ことを表しています(彼女の歌詞のおもしろさは、対訳でお読み頂けます)。昨今紹介されているアルゼンチンのSSWのような独特の浮遊感を持ちつつも、まったく異なった雰囲気をかもし出す彼女。そんな彼女のプロデュースを手がけたのは、オルガやラディオセースで知られる奇才、ロヘル・デラーヤです。彼女のアコースティックギターとシンセ、ウクレレ、オルガン、メロディカなどで程よく作り込んだトイ・サウンドにアンニュイでかわいい歌声が重なります。前半は、やや静かでゆったりとしたアコースティックな曲を中心に。後半は、ロヘルのトイ・エレクトロな音を多用したり、2人でヴォーカルをとったり、カラフルな楽曲群になっています。

また、彼女は、無料動画サイトYouTubeにて、屋上でギター1本弾き語りで歌っている動画をアップしています。それは、ライフワークでカメラを持ち歩くような、休日友達とピクニックを楽しむような、そんな日本のアート系女子たちと何ら変わりない、20代の女の子の姿を映し出しています。

アルゼンチンのアート系女子による、等身大のメッセージが込められた、「エスタール・デ・カミソン」。フランスのコンピレーションに共に選出されたヒット映画の「Juno」のサントラやセサミ・ストリートへ参加しているキミヤ・ドーソンや日本のトクマルシューゴともリンクする部分を見て取れます。まったりした休日に、おさんぽのお供に、心地よいおひるねの前にも。もちろん、ゆったりした空気感やかわいい女の子が好きな男子にもおすすめいたします。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

ラテン に関連する商品情報

おすすめの商品